CD 輸入盤

弦楽四重奏曲第14番『死と乙女』、歌曲編曲集 アルファマ四重奏団、アルバノ・カレール

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CYP4653
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

気鋭の弦楽四重奏団が挑むシューベルト

2005年ブリュッセルで結成されたアルファマ四重奏団。これまで6枚のアルバムをリリースしており、中でも「大作曲家の弦楽四重奏曲集」が大きな話題となった彼らのシューベルト。冒頭からぐっと掴まれる『死と乙女』ですが、鋭い切れ味と爽やかさを湛えた豊かな歌心で定評のある彼ららしい、美しくも勢いのある素晴らしい演奏を聴かせます。
 カップリングはウィーン生まれのフランス系メゾ・ソプラノ歌手カレールを迎え、1960年ブリュッセル生まれのジャン=リュック・ファフシャン[1960-]による、シューベルトの歌曲を元に声楽と弦楽四重奏のために自由に編曲(作曲)した作品7曲を収録。曲が進むにつれて前衛さを増していく作りですが、どこかシューベルトの原曲と対話をしながら発展していくかのような構成を持つ、興味深い作品です。(輸入元情報)

【収録情報】
1. シューベルト:弦楽四重奏曲第14番ニ短調 D.810『死と乙女』
2. シューベルト/ファフシャン編:最初の喪失 D.226(詩:ゲーテ)
3. シューベルト/ファフシャン編・補作:それらがここにいたことを D.775(詩:リュッケルト)
4. シューベルト/ファフシャン編:糸をつむぐグレートヒェン D.118(詩:ゲーテ)
5. シューベルト/ファフシャン編:君は我が憩い D.776(詩:リュッケルト)
6. シューベルト/ファフシャン拡張編曲:夕べの星 D.806(詩:マイルホーファー)
7. ファフシャン/シューベルト原曲:ただ憧れを知る人だけが(詩:ゲーテ、ファフシャン)
8. ファフシャン:さすらい人の夜の歌(詩:ゲーテ)


 アルファマ四重奏団
 アルバノ・カレール(メゾ・ソプラノ:2-8)

 録音時期:2017年8月3,4日(2-8)、2018年8月11,13日(1)
 録音場所:ブリュッセル、フラジェ、スタジオ4
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品