シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

シューベルト:交響曲第9番『グレート』、ベートーヴェン:序曲『コリオラン』 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ウィーン・フィル(1953、1951)(平林直哉復刻)

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GS2218
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


圧倒的な情報量で蘇る、フルトヴェングラー&VPOの凄絶ライヴ!
ベートーヴェン『コリオラン』&シューベルト『グレート』
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズ


【このCDの復刻者より】
「2トラック、38センチ、オープンリール・テープより、2種のウィーン・フィルとのライヴが圧倒的な情報量で蘇ります。この『コリオラン』序曲(1951年)、『ザ・グレイト』(1953年)はともに戦時中のベルリン・フィル(1943年、42年)とのライヴがあり、これさえあれば事足りるといった見方をする人が多いかもしれません。しかし、今回の恐ろしいほどの生々しい音質で聴けば、その思い込みは見事に崩れ去るかもしれません。とにかく、制作者自身もびっくりの、異様な燃え上がりが感じられる演奏であり、音質です。」(平林直哉)

【収録情報】
1. ベートーヴェン:序曲『コリオラン』 Op.62
2. シューベルト:交響曲第9(8)番ハ長調 D.944『グレート』


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1951年10月29日(1)1953年8月30日
 録音場所:ミュンヘン、ドイツ博物館コングレスザール(1) ザルツブルク祝祭大劇場(2)
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)

収録曲   

  • 01. 「コリオラン」序曲 Op.62 (モノラル)
  • 02. 交響曲第9番 ハ長調 D.944「ザ・グレイト」 (モノラル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
音質向上盤が、すごくいい。特に、シューベ...

投稿日:2020/04/01 (水)

音質向上盤が、すごくいい。特に、シューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」の演奏が凄い。1942年のベルリン・フィルに迫る。同じ、音質向上の「伝説のコンサート ウィーン・フィル・ハーモニー」よりも、さらに良く。フルトベングラーらしさが出ている。ただ、これは、フルトベングラーの「白鳥の歌」かもしれない気がします。前出の「伝説のコンサート ウィーン・フィル・ハーモニー」でウィーン・フィル・ハーモニーがフルトベングラーより全面に出ていたので、余計に感じたのだが、1953年1月に有名なベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の途中で倒れる事件があり、このシューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」の時も、何らかの形でもうこれが最後と言う様な心が、ウィーン・フィル・ハーモニーにも、フルトベングラー自身にもあったのではないか?このフルトベングラーらしいこのCDでも、かえって表にでないものがあったのではないか?ウィーン・フィル・ハーモニーが、らしさを犠牲にしても出したいところがある。是非とも、聴いて欲しい。何が、戦後の演奏が、鬼気迫る演奏かわったのか?聞いて推理というか、妄想か、して欲しい。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

2

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品