シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

シューベルト:交響曲第9番『グレイト』、ブラームス:悲劇的序曲、ウェーバー:『オベロン』序曲 テンシュテット&LPO(ステレオ)

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BBCL4195
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

テンシュテット / シューベルト:『グレイト』ライヴ

『グレイト』は巨匠に惚れ込んでいる手兵とのライヴだけあって濃厚。前プロの『オベロン』も、オケの運動性を追い込んでいます。
 そして、交響曲第3番(BBCL4167)と同日の『悲劇的序曲』は現状では唯一のもの。シリアスで重暗い響きに打ちのめされます。(キングインターナショナル)

・ウェーバー:『オベロン』序曲
・シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレイト』

 録音時期:1984年10月7日[ステレオ・ライヴ]
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール

・ブラームス:悲劇的序曲 Op.81

 録音時期:1983年4月7日[ステレオ・ライヴ]
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウス・テンシュテット(指揮)

収録曲   

  • 01. Oberon, J 306: Overture
  • 02. Symphony no 9 in C major, D 944 "Great"
  • 03. Symphony no 9 in C major, D 944 "Great"
  • 04. Symphony no 9 in C major, D 944 "Great"
  • 05. Symphony no 9 in C major, D 944 "Great"
  • 06. Tragic Overture, Op. 81

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これはいい。あちこちからマーラーやビゼー...

投稿日:2011/04/12 (火)

これはいい。あちこちからマーラーやビゼーやらが聴こえてくる。まるで某作曲家の‘レンダリング’のよう、といえば言い過ぎか。シューベルトが根っからのロマン派で、ブルックナーやマーラーの底辺になっているのがよくわかる。ただこの演奏、おそろしく推進力にあふれているので、リリックな表情を求める向きには〔?〕かも。

gusutol さん | 山梨県 | 不明

1
★
★
★
★
★
テンのBBCライブは大人気だが、この演奏は...

投稿日:2007/11/15 (木)

テンのBBCライブは大人気だが、この演奏は好き嫌いが極端に出るのではないだろうか?テンの狂気が楽曲の表層や演出的な意図と結び付き、エネルギーになるとき、それは希代のエンターテイメントとして受容できるが、このグレートのような、最も澄み切った調性Cでは、澄み切った分だけテンの異様さが加工されずに露呈する。演出・緩衝された狂気は距離をおけるものだが、このような生の狂気に近いものの露呈には、おそらく生理的な嫌悪感を覚えた人も多いのでは?「悪霊か?」とふと呟いてしまう異様な演奏だ。

リスナー さん | 湯の里 | 不明

2

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品