CD 輸入盤

シューベルト:交響曲第9番『グレート』、ウェーバー:『魔弾の射手』序曲 フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(1953、52)

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TKC352
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

フルトヴェングラーの『グレート』(1953年9月15日)
独協会ステレオ盤より復刻!


【制作者より】
今回53/9/15の「ザ・グレート」のレコードは、未通針と思われる蔵出し独協会盤です。レコードに起因するプチノイズはごくわずかで、音も、きわめてしっかり入っております。しかし、このたび驚いたのは、復刻しようと当レコードの封を開け、レーベルをチェックすると、そこに小さくSTの2文字が。もしかしてと思い、ステレオ・カートリッジで再生すると、予想した通り、ステレオで再生されるではありませんか! もちろんオリジナルがステレオであるとは考えにくく、 疑似ステレオには違いありませんが、しかしそれにしてもしっかり分離し、細部がほぐれて聞こえるのには驚かされます。当盤は独エレクトローラ社のプレスで、おそらくエンジニアが独協会の指示か その了承のもとに、ブライトクランクの技術を使ったものと推測されます。
 さて、当演奏の既出CDは、小生には音も冷たく演奏も死んだように聞こえておりましたが、当盤で聴くと、音、演奏の総合点で同曲中、51年のグラモフォン盤をわずかに凌駕するか、少なくともベストを競うものになったのではないかと思われ、長く座右に置いていただけるものと、存じ上げる次第です。(オタケン・レコード 太田憲志)

【収録情報】
1. シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』
2. ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』序曲

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1953年9月15日(1)、1952年12月8日(2)
 録音場所:ベルリン、ティタニア・パラスト
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 原盤:F670.027-8M(疑似ステレオ)

 ディスクは国内プレスとなります。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
一聴してこれは凄いなと思った。 以前の「...

投稿日:2013/12/23 (月)

一聴してこれは凄いなと思った。 以前の「Super Breitklang」シリーズ にも勝るとも劣らない音質だ。 中低域の押し出し感が強く、高音もそれ程ではないがが割と鮮明だ。 フルヴェン特有のトゥッティで歪むのはご愛嬌だ。 ポップノイズは散見されるが、プチノイズはヘッドホン試聴でない限り気にならない。 演奏はいつものように骨太なもので、大病を患った後とは思えない充実ぶりだ。 よほど体調が良い日の収録なのではないか。 N氏、Otakenさんに感謝の意を表したい。

独居人 さん | 東京都 | 不明

3

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品