シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

シューベルト:さすらい人幻想曲(リスト編)、ピアノ・ソナタ第13番、ブラームス:ヘンデル変奏曲 クリストファー・パーク、クリストフ・エッシェンバッハ&エルプフィル

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C5412
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


シューベルト/リスト:さすらい人幻想曲

エッシェンバッハは人気ピアニストから1970年代に指揮者に転身した後も、自身のキャリア形成と同じぐらい若手音楽家の才能を伸ばし、引き上げることを大切にしてきました。バンベルクで生まれたドイツと韓国の血を引くクリストファー・パークもその一人です。
 パークは12歳より大学で音楽の専門教育を受けた秀才で、2014年には、ラン・ランやリサ・バティアシュヴィリも受賞してブレイクのきっかけとなったシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭の「バーンスタイン賞」を受賞しました。2016/2017年のシーズンには「The European Concert Hall Organisation=ヨーロッパ・コンサート・ホール機関(ECHO)」がライジング・スターの一人として選出。注目を浴びるピアニストです。すでに何枚かのアルバムを録音しており、OEHMSレーベルからはシューマンを中心にしたアルバムを2枚リリース。こちらも高く評価されています。
 今回は、リストが編曲した『さすらい人幻想曲』をエッシェンバッハと共演、相互の信頼関係が垣間見える成熟した解釈で溌剌とした演奏を聴かせます。考え抜かれた解釈によるシューベルトとブラームスも圧巻の仕上がり。(輸入元情報)

【収録情報】
1. シューベルト/リスト編:さすらい人幻想曲 S.366(原曲 D.760のピアノと管弦楽編曲版)
2. シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番イ長調 Op.posth.120, D.664
3. ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲変ロ短調 Op.24


 クリストファー・パーク(ピアノ)
 NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(1)
 クリストフ・エッシェンバッハ(指揮:1)

 録音時期:2014年2月(1) 2017年12月28,29日(2) 2016年5月22日(3)
 録音場所:Laeiszhalle、Hamburg(1) Festburg-Kirche、Frankfurt(2) Klavierfestival、Ruhr(3)
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品