CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 シューベルト:交響曲第9番『グレート』、ハイドン:交響曲第88番 フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(1951)

シューベルト(1797-1828)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
447439
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

・シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』
・ハイドン:交響曲第88番ト長調『V字』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー

 録音時期:1951年11月、12月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:モノラル(セッション)

収録曲   

  • 01. Schubert: Symphony No. 9, D. 944: I. Andante Allegro ma non troppo
  • 02. II. Andante con moto
  • 03. III. Scherzo. Allegro vivace
  • 04. IV. Allegro vivace
  • 05. Haydn: Symphony No. 88: I. Adagio Allegro
  • 06. II. Largo
  • 07. III. Menueto. Allegretto
  • 08. IV. Finale. Allegro con spirito

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
グレートは「定番」。歌曲王だけあって、メ...

投稿日:2012/03/26 (月)

グレートは「定番」。歌曲王だけあって、メロディーに一味あるのがシューベルトの交響曲の特徴。たがフルトヴェングラーの手にかかるとベートーヴェンを聴いているような重量感。4楽章の冒頭の盛り上がりと轟きよう、対して2楽章の慟哭のような逼迫した響き−。やっぱり、ドイツ交響曲の潮流にあってはシューベルトの交響曲も例外ではなく、曲の息吹は「響き」で決まることを再認識。もうひとつの「V字」はあまり注目されていないのが不思議。ロマンの香りコテコテだが、グレートとは異なり、冒頭、血が通ったト長調の和音が聴く者を包み込むようだ。

どぜう さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
演奏は最も「グレイト」な一品として推薦し...

投稿日:2011/01/31 (月)

演奏は最も「グレイト」な一品として推薦したいが、音はどうだろうか。初期プレスのような奥行きはまるでない。硬くて平板、整理されたような音が並んでいる。カーオーディオで聴くならこれでもいいのだが。。。復刻やリマスターが他にもあるので、そちらを買うのが賢明といえよう。

宇野珍会長 さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
 フルトヴェングラーの第九の演奏とは反対...

投稿日:2010/07/24 (土)

 フルトヴェングラーの第九の演奏とは反対にあるヨッフム/バイエルン放送響(SMH-1006、40年前、ヘリオドールレーベルで出ていた)の復活を望む。おそらくヨッフムの残した最良の宝であり、この長い曲は速いテンポで且つ聴かせることが出来る指揮者でないと難しい。

古関さん さん | 大分県 | 不明

0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品