CD 輸入盤

【中古:盤質A】 交響曲全集 C・デイヴィス&シュターツカペレ・ドレスデン (4CD)

シューベルト(1797-1828)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
コメント
:
4枚組
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
82876603922
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

シューベルト:交響曲全集(4CD)
サー・コリン・デイヴィス指揮シュターツカペレ ・ドレスデン


1994〜1996年デジタル録音。名門オーケストラ、シュターツカペレ・ドレスデンと関係の深いデイヴィスによる非常に魅力的な全集。ちょっとしたフレーズにも絶妙な彩りを添えるオケの名技はさすがというほかないもので、録音の良さも相まって、20世紀末におけるシュターツカペレ・ドレスデンの最良の姿を記録した作品として永く記憶に留められること間違いなしの高度な内容です。270分収録。

【収録情報】
シューベルト:交響曲全集
DISC1
・交響曲第1番ニ長調D.82
・交響曲第3番ニ長調D.200
・交響曲第8番ロ短調D.759『未完成』

DISC2
・交響曲第2番変ロ長調D.125
・交響曲第4番ハ短調D.417『悲劇的』

DISC3
・交響曲第第5番変ロ長調D.485
・交響曲第第6番ハ長調D.589

DISC4
・交響曲第9番ハ長調D.944『グレイト』

 シュターツカペレ・ドレスデン
 サー・コリン・デイヴィス(指揮)

 録音時期:1995年10月2日〜9日(第1番、第2番、第4番)、1994年2月15日〜18日(第3番、第5番、第6番)、1996年7月2日〜4日(第8番、第9番)
 録音場所:ルカ教会、ドレスデン
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony no 1 in D major, D 82
  • 02. Symphony no 1 in D major, D 82
  • 03. Symphony no 1 in D major, D 82
  • 04. Symphony no 1 in D major, D 82
  • 05. Symphony no 3 in D major, D 200
  • 06. Symphony no 3 in D major, D 200
  • 07. Symphony no 3 in D major, D 200
  • 08. Symphony no 3 in D major, D 200
  • 09. Symphony no 8 in B minor, D 759 "Unfinished"
  • 10. Symphony no 8 in B minor, D 759 "Unfinished"

ディスク   2

  • 01. Symphony no 2 in B flat major, D 125
  • 02. Symphony no 2 in B flat major, D 125
  • 03. Symphony no 2 in B flat major, D 125
  • 04. Symphony no 2 in B flat major, D 125
  • 05. Symphony no 4 in C minor, D 417 "Tragic"
  • 06. Symphony no 4 in C minor, D 417 "Tragic"
  • 07. Symphony no 4 in C minor, D 417 "Tragic"
  • 08. Symphony no 4 in C minor, D 417 "Tragic"

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
18
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らしい!ベルリオーズやシベリウスだけ...

投稿日:2010/11/30 (火)

素晴らしい!ベルリオーズやシベリウスだけじゃない。このシューベルトもSKDの柔らかい弦の響きを活かした名演奏だ。決してうるさくない抑制された響きは素晴らしい。2番がめちゃめちゃ抜群だ!SKDも素晴らしい!

ヤクルトファン さん | 埼玉県 | 不明

4
★
★
★
★
★
この指揮者は日本ではあまり人気がないよう...

投稿日:2010/08/01 (日)

この指揮者は日本ではあまり人気がないようですが、ヨーロッパでは非常に評価が高いと聞いています。独自の解釈とか表現をあまり目立たさせずに、楽曲の良さをシンプルに追及するところが重々しい解釈が受ける日本であまり人気が出ない原因かと思われます。ここでは若きシューベルトが作ったみずみずしい雰囲気を 失わずに生き生きとした演奏をしています。この演奏にこざかしい理屈はいりません。素直にシューベルトの交響曲を楽しむには絶好の全集だと思います。 あまり普段なじみの少ない2,3、4番あたりも曲の素晴らしさに驚きます。 しかも全集でこのお値段、良い時代になったものです。

uso-800 さん | 神奈川県 | 不明

6
★
★
★
★
☆
コリン爺はシューベルトが不得手なのかもし...

投稿日:2010/05/20 (木)

コリン爺はシューベルトが不得手なのかもしれません。1・3・未完成の1枚が不気味。丁寧に書かれた1番の序奏から第一主題まではそこそこなのに、第2主題以降のクライマックスは、若書きの無茶をそのまま鳴らせまくり。かなり早書きだったと思われる3番は、第1主題の提示からして「適当」。逆に第2主題以降の経過句では、素敵な表情を見せるのに、トッティに入った途端、紋切形に。対して未完成では細やかなダイナミックスの指示も出しているようだが、逆に低音の第2主題では和音や対旋律の音量が大きすぎて興を削ぐ。さらに一枚に収められたグレートは、第1楽章序奏部のテンポは最高なのに、終結部ではオケが抵抗感を示している雰囲気なのに、煽りまくって終わらせている。シューベルトだけでなくシュターツカペレ・ドレスデンとの相性も、イマイチなのかもしれない。

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

5

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品