CD 輸入盤

Film Music

シュニトケ(1934-1998)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MKM126
組み枚数
:
1
:
Import
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ロシアの作曲家、アルフレート・シュニトケ...

投稿日:2020/11/03 (火)

ロシアの作曲家、アルフレート・シュニトケの映画音楽を集めた珍しいアルバムだ。 シュニトケは12音技法や無調などを取り入れた演奏会用の作品で知られるが、60にのぼる映画の音楽も手掛けており、このCDでは選りすぐりの4作品が取り上げられてある。 初めに登場するのは1976年に書かれた『知られざる俳優の物語』で、これはこのCDの中でも最もおすすめ。 メインテーマの美しさはこれがシュニトケの書いたメロディかと思う程で、他の曲も弦楽中心の美しい作品が多い。 続く『スポーツ、スポーツ、スポーツ』は比較的知られた作品で、こちらは明るく描写的な作品、3番目に登場する『苦悶』は別名ロマノフ王朝の最期とも言われる作品で、この作品はシュニトケの演奏会用作品に近い作風をしている。 4曲目が『想像の劇の音楽』である。 これは1985年に書かれた作品で、CDの中で最も新しい曲。 作品リストでは映画音楽ではなく、管弦楽作品になっている。 これは楽器の様々な音色を楽しむ作品で、最後のマーチにシュニトケの腕が光る。 これらを演奏するのは、エミン・ハチャトゥリアン指揮、ソヴィエト映画交響楽団。 指揮者はアラム・ハチャトゥリアンの甥として知られる。 録音は多くない上、CD化された音源も少ないが、アラム・ハチャトゥリアンやリスト、プロコフィエフのクラシック作品の他に、ショスタコーヴィチやボリス・チャイコフスキーの映画音楽も録音しており、芸風は幅広い。 このCDでもエミンの実力が存分に発揮された演奏で、知られざる俳優の物語でのメロディの泣きの歌い方や、想像の劇の音楽での見事な楽器の捌き方など、聴きやすく、職人的な手堅い演奏となっているのは見事というしかないだろう。 オケは現在スクリプカが指揮者を務めるオケで、この録音では楽譜に合わせてか人数が少ないようだ。 録音は1987年と、デジタル録音が普及していた時代だが、アナログで録音されたものらしく、年代を考えるとやや音質は悪い。 因みにこの音源はかつて、本家ともいえる英オリンピアから出たものと同一で、それを露オリンピアが再発したものだが、解説などはほぼロシア語のみとなっている。

レインボー さん | 不明 | 不明

0

シュニトケ(1934-1998)に関連するトピックス

おすすめの商品