シュトラウス・ファミリー

シュトラウス・ファミリー プロフィール

シュトラウス・ファミリー | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

シュトラウス家(ドイツ語: Familie Strauss)は、19世紀を中心にオーストリアで活躍した音楽家の家系である。比喩的に「シュトラウス王朝(ドイツ語: Strauss-Dynastie)」と呼ばれることもある。毎年元日にウィーン楽友協会の大ホールで開催されるウィーンフィル・ニューイヤーコンサートは、このシュトラウス家の楽曲を中心にプログラムが組まれる。

なお、同じオーストリアの音楽家オスカー・シュトラウスや、ドイツの音楽家リヒャルト・シュトラウスの一族との血縁関係はない。

歴史

前史

家祖はヨハン・ミヒャエルというハンガリー系ユダヤ人で、1750年ごろにブダペストからウィーンにやってきた。反ユダヤ主義によってユダヤ人への世間の風当たりは強く、ヨハン・ミヒャエルはさまざまな苦労を強いられたという。苦労の末に彼はオーストリア人の漁師の娘と1762年2月11日にシュテファン大聖堂で結婚し、結婚を機にユダヤ教からキリスト教に改宗した。シュテファン聖堂には「ヨハン・ミヒャエル・シュトラウス、奉公人(中略)洗礼を受けたユダヤ人、独身。オーフェンで誕生。ヴォルフ・シュトラウスとその妻テレジアの息子」という結婚記録書が今も残っている。

この結婚と改宗によってヨハン・ミヒャエルは当局からオーストリア人であると認められ、ドイツの姓を名乗ることを許された。当時ユダヤ人の多くは姓を持っておらず、ヨハン・ミヒャエルは姓を持つことでその出自を隠してヨーロッパ社会に同化したのである。ただし、当局はユダヤ人への差別感情ゆえにぱっとしない姓をヨハン・ミヒャエルにあてがった。それが「ダチョウ」を意味する姓シュトラウスであった。ユダヤ人の血を引いているとすぐに判別がつくものだったが、ようやく獲得した姓をふいにすることを避けるた…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%