シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

CD

R.シュトラウス:アルプス交響曲、ドン・ファン ズービン・メータ

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD7094
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

メータ/R.シュトラウス:アルプス交響曲
マゼール/R.シュトラウス:交響詩《ドン・ファン》
R.シュトラウス:アルプス交響曲 作品64(1)、交響詩《ドン・ファン》 作品20(2)
ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団(1)、指揮:ズービン・メータ(1)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(2)、指揮:ロリン・マゼール(2)
録音:1975年5月、6月(1)、1964年5月(2)
アルプスを登山する旅人の目に映る情景や心象風景を大編成のオーケストラをフルに使って表現したR.シュトラウスの《アルプス交響曲》は、最も傑出した描写音楽のひとつ。メータとロサンゼルス・フィルの演出巧者な演奏は、一編の記録映画を見るかのような楽しさに溢れています。若き日の鬼才マゼールのシャープな演奏による《ドン・ファン》とのカップリング。

内容詳細

「アルプス交響曲」は、アルプスの情景や心象風景を大編成のオケをフルに使って表現した、音楽史上最も傑出した描写音楽の1つ。メータ&ロス・フィルによる豪華な音の饗宴が聴ける。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この録音が出た当時、この曲がやっといい音...

投稿日:2019/02/22 (金)

この録音が出た当時、この曲がやっといい音で聴けるなあと思ったものです。 メータさんの演奏は明快で爽やかです。

ウーヤーター さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
メータのアルプス交響曲について⇒僕がクラ...

投稿日:2008/10/28 (火)

メータのアルプス交響曲について⇒僕がクラシックに興味を持ち始めた1980年代、メータは期待した指揮者の筆頭の一人だった。とりわけチャイコフスキー、マーラー、そしてこのアルペンなどは、同曲中の最高の愛聴盤だった。この時代だけを切り取れるなら、メータは僕にとって掛替えのない指揮者と言えていたように思う。 ドンファン⇒曲があまり好きでないので批評しづらいが、マゼールもこの時代は素晴らしかった。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
メータのアルプス交響曲についてのコメント...

投稿日:2008/07/04 (金)

メータのアルプス交響曲についてのコメントですがメータという指揮者も優秀な能力のある人ですが何となく広いレパートリーでなかなか決定打がない事については認めざるを得ません。彼の場合は多分 色彩豊かな音楽の実演向きであり長く残るスタジオ録音は中途半端な感がします(小沢征爾もこの傾向?)。アルプス交響曲は曲の性格上演出し甲斐な場面が多いだけ彼のいい面がたっぷり味わえます。若い頃のマゼールのドン・ファン も多分聴きものだと思います。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

1

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品