シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

CD

R.シュトラウス:アルプス交響曲、ばらの騎士(組曲) ティーレマン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1031
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

R.シュトラウス:アルプス交響曲
ばらの騎士(組曲)

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:クリスティアン・ティーレマン
録音:2000年10月 ウィーン〈ライヴ・レコーディング〉〈デジタル録音〉《4Dオーディオ・レコーディング》

オーケストラの美質を生かしきった、若き巨匠ティーレマンの至芸!
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団の指揮者として活躍し、多くの実績と評価を積み重ねてきたクリスティアン・ティーレマン。カラヤンの指導を受け、フルトヴェングラー芸術に心酔した若きドイツ人指揮者がついに伝統のウィーン・フィルの定期公演に登場しました。そして、その模様をドイツ・グラモフォンがライヴ・レコーディングしました。
このアルバムにはドイツ・ロマン派最後の巨匠、R.シュトラウスがアルプスの大自然をドラマティックに描いた《アルプス交響曲》と、ウィーン情緒を紛々とさせる《ばらの騎士》組曲が収録されています。そしてティーレマンは持ち前の技量で、情熱的かつ、劇的な音楽を展開させています。ここでは来たるべき新メディアにも対応すべく、5プラス1チャンネルのマルチ・レコーディングが採用されています。ドイツ・グラモフォンの最新の録音技術も駆使され、オーディオ・ファンにも興味を持たれる一枚といえるでしょう。

日本盤のみの特典として、初回のみのゴールド・ディスク仕様。さらにティーレマンのインタビューが解説書内につきます。

内容詳細

21世紀のドイツ指揮界を担う逸材として期待されているティーレマンが、遂にウィーン・フィルの定期公演に登場。その記念すべきライヴを録音したのが本盤。若き巨匠の熱演だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
流石ウィーンフィルと言う音楽です。独墺系...

投稿日:2013/07/27 (土)

流石ウィーンフィルと言う音楽です。独墺系本格カぺルマイスター、ティーレマン、ウィーンフィル初登場のライヴ。小澤さんの、やっぱりうまいけど、どこか違和感のあった「アルプス」、ヨーロッパの人間でないと、分かり得ぬ「ばらの騎士」、シュトラウスの世界が、ここには、ある。悔しいけど、仕方ない (小澤さんは、ホント、よくやりました)。本家、本元、共通の言葉、背負っている文化、歴史があるのだから。スケール大きく、優雅、見事な演奏。フィルハーモニア管との「運命」でレコーディングデヴュー、ベルリン・ドイツ・オペラを経て、ミュンヘンフィル、シュターツカペレ・ドレスデン、各音楽祭も制して、ウィーンフィルとは、ベートーヴェン全集。次なるは、ベルリンフィル、でしょうがまだ、公式のCDは、まだ有りません。DGも、ラトルさんの後、狙ってるでしょうし。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
「アルプス交響曲」は秀演。ウインナホルン...

投稿日:2013/07/24 (水)

「アルプス交響曲」は秀演。ウインナホルンの素晴らしさをじっくり堪能でき、オケの貢献が大きい名演奏だ、SKDやミュンヘンフィルでは、ティーレマンのなかにある壮麗なアルプスの音絵巻は存分には描ききれなかっただろう。カラヤンやショルティ、ベームの名盤に並ぶレベルの高さだ。とにかく、このアルプス交響曲だけでも聴いていただきたい。「ばらの騎士」組曲も素晴らしい。当代一流のフレミングを元帥夫人に起用した全曲盤のDVDがあるが、この洒脱さはウィーンフィルならではのもので、なぜウィーン国立歌劇場での公演にしなかったのか、つくづく惜しまれる。これらのライヴは当時FMで放送されたときに録音して聴いたのだが、DGの録音は音の解像度と生々しさを重視するあまり、ORFの自然な放送録音より、残響の長いムジークフェラインの溶け合う響きのまろやかさが薄い印象があり、個人的には不満が残る。勿論、オーディオ的にはこうした音づくりが正解なのだろうが。

eroicka さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
★
実に堂々として貫禄のある演奏です。 壮...

投稿日:2011/08/08 (月)

実に堂々として貫禄のある演奏です。 壮大で華麗なアルプス交響曲を演奏しているのは、BPOでもSKDでもなく、VPOなのだ。 そして優雅な「ばらの騎士」。 目を閉じるとカラヤンやクライバーを彷彿とさせる歌心は、近年のVPOからは感じられなかった一面である。 最近のVPOをこれだけドライブできているこの指揮者は誰だ? 前情報無しで聴くと、往年の巨匠達の演奏に聴こえる。 ライナーノートを見るとVPOのデビュー演奏会でのライブ録音とのこと。 信じられない! ついに巨匠が現代に蘇った。 ティーレマンの経歴を見ると、なる程、彼は20世紀の巨匠達が歩んだ道と同じく、劇場小屋のコレペティートルから出発している。 やはり指揮者はコレペティートルからキャリアをスタートさせなければ超一流にはなれないのかも知れない。 間違いなく21世紀の巨匠と呼ばれる一人でしょう。これからが楽しみです。

karajan fan さん | 北海道 | 不明

6

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品