LPレコード

R.シュトラウス『英雄の生涯』、ドビュッシー『牧神』、シューマン:ピアノ協奏曲 ケンペ&シュターツカペレ・ドレスデン(1974 ステレオ)(2枚組アナログレコード)

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PHLP005
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤

商品説明

EMIとは別の音源。音質すこぶる良好!!ケンペの人格と器量が顕れた実演の貴重な記録。両翼配置による響きも効果絶大!

CD、SACDで発売され大絶賛されたライヴがLPで登場!プロフィール・レーベルよりライセンスした音源をもとに、新たにアナログのマスターテープを作りLP化しています。
ルドルフ・ケンペとシュターツカペレ・ドレスデンによるリヒャルト・シュトラウスと言えば名演間違いなし、黄金の組み合わせ!『英雄の生涯』は72年にスタジオ録音されたEMI盤が有名ですが、当録音との大きな違いはこのライヴが「ヴァイオリン両翼配置」であること。この配置によるステレオ効果は抜群で、ライヴならではの高揚感も加わり驚きの音響が広がります。珍しい『牧神』や、これまた両翼配置のヴァイオリンが掛け合うさまが楽しいシューマンの協奏曲も必聴。この日の演奏会を丸ごとすべて収録したセットとなっており、内容・音質ともに素晴らしい超貴重なライヴ音源です。
マルコム・フレイジャーはクララ・シューマンの孫弟子であり、楽譜の発掘にも力を入れ、シューマンのピアノ協奏曲の初稿である『ピアノと管弦楽のための幻想曲』の自筆譜を見つけたことでも知られる、いわばシューマンのスペシャリスト。ケンペの信頼も厚かった名ピアニストです。

【収録内容】
1.ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲( LP1 A)
2.シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54( LP1 A:第1楽章、LP1 B:第2・3楽章)
3.リヒャルト・シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』 Op.40( LP2 A:第1〜3曲、LP2 B:第4〜6曲)

マルコム・フレイジャー(2:ピアノ) ペーター・ミリング(3:ヴァイオリン)
ルドルフ・ケンペ(指揮) シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1974年3月15日/ドレスデン、クルトゥーアパラスト(ライヴ)

国内プレス
完全限定生産盤
日本語帯・解説付

(メーカー・インフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
みなさま絶賛の通り、これは実にすばらしい...

投稿日:2012/10/01 (月)

みなさま絶賛の通り、これは実にすばらしいアルバムだなあ。なんたってメインの「英雄の生涯」がすばらしい。力強く覇気に満ち、指揮者がまさに英雄そのもの。ただそれでいて作為的なところとか無理やりなところとかが全くないのがいいんです。オーケストラも充実の限りで、みんな揃ってこの音楽(難曲ですがね)を余裕を持って楽しんでいるかのよう。大した演奏だなあ。ケンペさんとDSKの最高に幸せなコラボです。録音はちょっと変。うそくさい残響もあり、あとなぜかソロヴァイオリンが真ん中から右チャンネルに位置しています。でも音の鮮度もあり、迫力も十分。良好な音です。他も名演。「牧神」も実に美しい。いわゆる印象派的な「霞み方」はなく、旋律線は明確ですが、それが実にデリケートな扱いを受けていて美しさの限り。聞き惚れました。シューマンはちょっと普通っぽいかもしれませんが、やや遅めのテンポで、無理をしない篤実な演奏ではないかな。トータル、大いに満足した実にいいアルバム。すばらしさの限り。お薦めいたします。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

3
★
★
★
★
★
シュターツカペレ、ケンペのライヴは、とっ...

投稿日:2012/04/15 (日)

シュターツカペレ、ケンペのライヴは、とっても、自然、自信と情熱、信頼感に裏打ちされた納得の名演奏。私は、ケンペ現役の時代を知りませんが、各オーケストラから、愛されていたと言うのも分かる気がする。このブックレットもそう。地味ではなく、確実実直丁寧な音楽そのもの。ドレスデンの美音も見事に引き出されている。ライヴ演奏の発掘で、セッションによるミスは少ないが、無味乾燥な演奏でない、このような飾り気の無い演奏が聴けるのは、嬉しい。シューマン、ドビュッシーも、いい音楽の作り手だった事がわかる興奮の名演。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
SKDとのライブが残されていたことに驚き...

投稿日:2012/01/29 (日)

SKDとのライブが残されていたことに驚きとともに感謝。これを聴くとケンペもライブの人だなあと思う。スタジオ盤は確かに音色は美しいのだが録音が。ベールを被っているかのような印象は拭いけれなかった。このライブ、録音はスタジオ盤より鮮明で、ケンペの熱気のようなものがスピーカーから伝わってくる。併録曲もまずまず、こんな演奏会を聴いてみたかった。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

3

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品