シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

DVD

Der Rosenkavalier: Schenk C.kleiber / Bavarian State Oper Jones Popp

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POBG1008
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD

商品説明

R.シュトラウス:歌劇《ばらの騎士》全曲

伯爵夫人…ギネス・ジョーンズ(ソプラノ)、オックス男爵…マンフレート・ユングヴィルト(バス)、オクタヴィアン…ブリギッテ・ファスベンダー(メッゾ・ソプラノ)、ファニナル…ベンノ・クッシェ(バス)、ゾフィー…ルチア・ポップ(ソプラノ)、歌手…フランシスコ・アライサ(テノール)、他
バイエルン国立管弦楽団、バイエルン国立歌劇場合唱団、 指揮:カルロス・クライバー/ 演出:オットー・シェンク
制作:1979年5、7月 バイエルン国立歌劇場におけるライヴ収録 186分/2枚組片面2層、1層/カラー 日本語字幕 ステレオ/リニアPCM

これはミュンヘン国立歌劇場日本公演で多くのオペラ・ファンを魅了したものと同一プロダクションの映像です。クライバーの指揮は、第1幕序奏のややフライング気味の一瞬からして聴き手をぐいぐい引き込みます。ジョーンズの当たり役でもある元帥夫人、オクタヴィアンのファスベンダー、ゾフィーのポップはベスト・キャストと言えます。シェンク演出の華麗な舞台は映像としての魅力を存分にそなえています。

内容詳細

元帥夫人が歌う、流れ去る歳月への嘆きと諦念、若い二人の恋愛への賛美。貴族社会の斜陽までが二重写しされる味わい深い作品を、クライバー以下最高のキャストで描いた舞台。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
バイエルンがドイツ音楽の中心であると書い...

投稿日:2012/04/20 (金)

バイエルンがドイツ音楽の中心であると書いている輩がいるが、とんでもない。ドイツ音楽はハプスブルク朝の首都ウィーンで栄えたのであり、このオペラの主題はハプスブルク朝の貴族文化を描くことにあったのだ。たまたまクライバーがミュンヘンで成功を収めたからのこじつけだろうが、歴史は曲げられない。

KS さん | 兵庫県 | 不明

4
★
★
★
★
★
日本のファンは、ミュンヘンがウィーンより...

投稿日:2011/09/10 (土)

日本のファンは、ミュンヘンがウィーンよりも劣っていると思っているらしい。とんでもない。バイエルンこそ、ドイツ音楽の都である。クライバーの黄金期は、当然バイエルン時代。これを聴いてしまうと、ウィーン盤は枯れすぎ、華が減退してしまっている。ポップ&ファスベンダーのコンビは、「ばら」の歴史に、音楽史に残るだろう。クライバーの指揮は勢いがあり、セクシー。凡百の指揮者とは比べものにならない。

ushio さん | 東京都 | 不明

6
★
★
★
★
★
クライバーの「ばら」は94年盤が最強との誉...

投稿日:2010/11/25 (木)

クライバーの「ばら」は94年盤が最強との誉れが高いが、ゾフィーがポップだったらと思わせるのが当盤の強味。3時間近く退屈しても、最後の三重唱で昇華するのが「ばら」の良さ。最後の10数分間に最高のドラマがある、そんな「ばら」を愛して止まない・・・。

燕の巣 さん | 静岡県 | 不明

2

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品