シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

4つの最後の歌、ほか シュワルツコップ(S)、セル&ベルリン放送響、ロンドン響、

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5669602
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

シュワルツコップ&セル
《四つの最後の歌》、他

1965年ステレオ録音。甘やかな旋律美で知られるシュトラウス歌曲の中でも、頂点を示す傑作《四つの最後の歌》の最高の名盤がこれ。
 一語一語に圧倒的な表現力をこめ、人生最後の輝き・憧憬・諦観をみごとに刻み込んだ歌唱はまさに比類が無く、セルの美しい伴奏と共に希有の世界を現出させています。
 組み合わせの《献呈》《子守歌》《憩え、わが魂》《わが子に》ほかも最高の仕上がり。

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Richard Strauss (1864 - 1949)
    Four Last Songs, AV 150
    演奏者 :
    Schwarzkopf, Elisabeth (Soprano)
    指揮者 :
    Szell, George
    楽団  :
    Berlin Radio Symphony Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Song Cycle
    • 作曲/編集場所 : 1948, Germany
    • 言語 : German
    • 時間 : 22:55
    • 録音場所 : 09/1965, Grunewald Church, Berlin, Germany [Studio]
  • Richard Strauss (1864 - 1949)
    Lieder (3), Op. 43: no 2, Muttertandelei
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Lied / Song
    • 作曲/編集場所 : 1899, Germany
    • 言語 : German
    • 時間 : 2:4
    • 録音場所 : 09/1965, Grunewald Church, Berlin, Germany [Studio]

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
人間の声というのは芸術的とか音楽的とか言...

投稿日:2010/11/23 (火)

人間の声というのは芸術的とか音楽的とか言うこと以前に、生理的に自分に合うかどうか(要すれば好き好き)が重要で、小生は何度聴いてもこの曲ではシュワルツコップの演奏に満足したことはありません。とにかく語りすぎ…。他にいい歌手がいる中であえてシュワルツコップでもないと思います。でも美人は得だなー・・・

STRAD さん | 千葉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
シュワルツコップとセルという2人(レッゲ...

投稿日:2009/09/23 (水)

シュワルツコップとセルという2人(レッゲを入れれば3人)の完璧主義者による稀代の名演だと思う。これほど歌詞の意味合いと、シュトラウスのオーケストレーションが提示する精妙な色合いを表現し尽した演奏を他に知らない。とりわけ、「夕映えに」はもうこれ以上の表現は不可能ではないかと思わせるほどで、20世紀前半の動乱を生きた芸術家にのみ可能だったのかも知れない。録音がまた驚異的で、45年ほど前のものだが、特に最新録音盤を必要としないぐらい優れている。歌手とオケのバランスなどは寧ろ最近の録音より自然で好ましい。

Kei さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
☆
☆
昔から高い評価を得ている演奏ですが、小生...

投稿日:2008/04/29 (火)

昔から高い評価を得ている演奏ですが、小生にはあまりいいとは感じられません。元々私はシュワルツコップが余り得意ではありません。この演奏でも低音域での彼女の地声は響いておらずお世辞にも音楽的とはいえない。こんなことを言う人は滅多にいませんが、シュワルツコップはそんなに優れたソプラノだとは思えないのですが…。

JSB さん | 千葉 | 不明

2

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品