シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

メタモルフォーゼン、ソナチネ第1番、セレナード、ホルン協奏曲第1番 クリスティアーン・ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン、ロベルト・ラングバイン(2CD)

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PH15016
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデン、
リヒャルト・シュトラウス生誕150年記念コンサート!


「Profil」レーベル「エディション・シュターツカペレ・ドレスデン」シリーズ44作は、2014年5月15日と11月23日のライヴ。この年はリヒャルト・シュトラウスの生誕150年にあたり、ゆかりの深かったシュターツカペレ・ドレスデンはティーレマンの指揮で記念演奏会を何回か行いました。
 当アルバムにはリヒャルト・シュトラウスの初期と最晩年の作品がふたつずつ収められています。17歳の作『セレナード』は翌年にドレスデン宮廷オーケストラにより初演されたもので、モーツァルトの『グラン・パルティータ』と同じ13管楽器から成っています。同時期のホルン協奏曲は名手だった父のために作曲。このアルバムでは2005年から同オーケストラの首席ホルン奏者を務めるロベルト・ラングバインが見事な独奏を繰り広げています。
 第2次世界大戦中1943年の管楽合奏のためのソナチネ第1番は、疎開していた自分を自嘲して「傷病兵」と称していますが、リヒャルト・シュトラウス最晩年の諸作と共通した透明で力みのないひたすら美しい音楽が続きます。そして『メタモルフォーゼン』では、ティーレマン入魂の指揮に加え、有希マヌエラ・ヤンケ以下シュターツカペレ・ドレスデンの弦楽の美しさが光ります。豊富な写真を含める68ページのカラー・ブックレットも貴重。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1

リヒャルト・シュトラウス:
1. ホルン協奏曲第1番変ホ長調 Op.11

Disc2
2. 13管楽器のためのセレナード Op.13
3. ソナチネ第1番『傷病兵の仕事場より』 Op.135
4. メタモルフォーゼン Op.142

 ロベルト・ラングバイン(ホルン:1)
 シュターツカペレ・ドレスデン
 クリスティアーン・ティーレマン(指揮)

 録音時期:2014年11月23日(1)、5月15日(2-4)
 録音場所:ドレスデン、ゼンパーオーパー
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品