シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

SACD

『ばらの騎士』全曲 カール・ベーム&シュターツカペレ・ドレスデン、マリアンネ・シェヒ、イルムガルト・ゼーフリート、他(1958 ステレオ)(3SACDシングルレイヤー)

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGG9155
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

R.シュトラウス:『ばらの騎士』(3SACDシングルレイヤー)
カール・ベーム&シュターツカペレ・ドレスデン


【限定盤】【SHM-SACD】
2019年に生誕125周年を迎えるオーストリアの巨匠指揮者カール・ベーム。日本には1963年ベルリン・ドイツ・オペラと共に初来日、その後はウィーン:フィルやウィーン国立歌劇場と共にたびたび来日し、特に1975年のウィーン:フィルとの来日公演は今もなお伝説的なコンサートとして事あるごとにクラシック専門誌等で取り上げられています。
 カラヤンと並び、日本人に最も愛された指揮者ベームとシュターツカペレ・ドレスデンにによるリヒャルト・シュトラウスの傑作オペラ『ばらの騎士』を初めてSA-CD化します。
 独Emil Berliner StudiosでDGのオリジナル・マスターから2019年制作のDSDマスターを使用。(メーカー資料より)

1958年、ステレオ初期にドレスデンのルカ教会でおこなわれたセッション録音。シュトラウスと親交のあったベームが、この作品の初演もおこなたシュトラウスゆかりのオーケストラとレコーディングするということで、キャストにはドイツで活躍する実力派が起用され、非常に完成度の高い内容に仕上げられています。
 ここでのベームの指揮は、いつもながらすみずみのパートまで意を払ったもので、歌手たちの端正な歌唱もあって、情報量の多い演奏に仕上がっているのが特徴。
 マリアンネ・シェヒの元帥夫人、ゼーフリートのオクタヴィアン、シュトライヒのゾフィー、そしてクルト・ベーメのオックス男爵という当たり役を中心に、猥雑さや三角関係など、シュトラウスとホーフマンスタールがこの作品に盛り込んだドラマを、オケとともに巧みに表現しています。(HMV)

【収録情報】
● R.シュトラウス:『ばらの騎士』全曲


 マリアンネ・シェヒ(ソプラノ:元帥夫人)
 イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ:オクタヴィアン)
 リタ・シュトライヒ(ソプラノ:ゾフィー)
 クルト・ベーメ(バス:オックス男爵)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン:ファニナル)
 ゲルハルト・ウンガー(テノール:ヴァルツァッキ)、他
 ドレスデン国立歌劇場合唱団
 シュターツカペレ・ドレスデン
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1958年12月
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 SACD Single Layer

 SACD対応プレイヤーで再生できます。

内容詳細

ドレスデンのルカ教会で1958年に録音された「ばらの騎士」。R.シュトラウスと親交の深かったカール・ベームによる最高の名演が初めてSA-CD化された。元帥夫人とオクタヴィアンの声の対比やデリケートなニュアンスなどが鮮やかな音質で聴ける。クルト・ベーメの歌うオックス男爵は最高だ。(長)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 前奏
  • 02. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 あなたはすばらしかった、とても! そして今も! [オクタヴィアン、マルシャリン]
  • 03. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 元帥はクロチアの森の中で [オクタヴィアン、マルシャリン、執事、男爵]
  • 04. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 奥様方は勿論わしにお会いになるさ [男爵、従僕たち、マルシャリン、執事、オクタヴィアン]
  • 05. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 わしが驢馬にでもなれと言うのですかい? [男爵、マルシャリン、オクタヴィアン]
  • 06. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 すぐにきますわ……いやしからぬ身分の三人のみなし児が [オクタヴィアン、3人のみなし児、帽子屋、動物売り、マ
  • 07. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 固く武装せる胸もて [歌手、男爵、書記]
  • 08. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 ピポリットよ [マルシャリン、ヴァルツァッキ、男爵、アンニーナ]
  • 09. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 とうとう行ってしまった [マルシャリン]
  • 10. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 ああ、また来たのね [マルシャリン、オクタヴィアン]
  • 11. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第1幕 でも、時は不思議なもの [マルシャリン、オクタヴィアン、4人の従僕]

ディスク   2

  • 01. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 前奏
  • 02. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 おごそかなる日じゃ、大いなる日じゃ [ファニナル、マリアンネ、執事]
  • 03. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 試練のこのおごそかな時に当たって [ゾフィー、マリアンネ、3人の召使]
  • 04. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 けだかくも美しき花嫁に [オクタヴィアン、ゾフィー]
  • 05. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 従兄さま、私はあなたを前からよく存じておりました [ゾフィー、オクタヴィアン]
  • 06. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 でも、もう私の許婚が参りましたわ [ゾフィー、ファニナル、男爵、オクタヴィアン、マリアンネ]
  • 07. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 ちょっとぐらい君が色目を使ったって文句は言わぬよ [男爵、オクタヴィアン、ゾフィー、ファニナル家の執事、マリ
  • 08. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 目に涙をたたえ [オクタヴィアン、ゾフィー]
  • 09. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 レルヒェナウ男爵さま! [ヴァルツァッキ、アンニーナ、男爵、ゾフィー、オクタヴィアン、合唱、マリアンネ、ファ
  • 10. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 ああ、こんなになっちまった! ウィーンの町じゃ騎士には何でもおこりよるわい [男爵、合唱]
  • 11. 楽劇≪ばらの騎士≫ フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の音楽のための喜劇 第2幕 私がいないと毎日さびし [男爵、アンニーナ]

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カラヤンのDVD(60年)は最高だと思う。クライバー...

投稿日:2010/02/14 (日)

カラヤンのDVD(60年)は最高だと思う。クライバーもまた素晴らしい。が私はベームの薔薇(当盤および69年ザルツブルクライブ)も欠くことができない。当盤は歌手も魅力的だ。何といってもゼーフリート(カラヤンは当時オクタヴィアン歌いとして人気絶頂だった彼女を起用したかったそうだが何故かレッグの反対で実現せずルードヴィヒにお鉢がまわった)、オックスでエーデルマン同様の評価を得ていたベーメがこの録音の価値を高めている。シュトライヒも可憐。これでもし元帥夫人がリザ・デラ・カーサだったら完全にカラヤン盤の対抗馬たりえただろう(シェヒも少しも悪くはないのだが)。ベームが明確にシュトラスウスのスコアを音にするさまは痛快とも言え、陶酔に走るのではなく、当初はオックスが主人公として構想されていたこのオペラのブッファの精神が生きている。かといって明快一方でなくこの演奏にロマンをも与えているのは、シュトラウス演奏の伝統を誇るSKDの自発性豊かな演奏。弦、管ともチャーミングな表情がなんとも言えない。私はこの盤をじっと聴いていると58年を越えて、戦前のベームとシュトラウスの活躍していたころのゼンパーオーパーに自分がいるような気になることがある(当時を知る団員も大勢いたのではないか)。演奏の魅力に加え、シュトラウス演奏史を考える上でも是非一聴をお勧めしたい

千葉のアリアドネ さん | 千葉県 | 不明

13
★
★
★
★
★
「ばらの騎士」の個人的なベスト3は、Eク...

投稿日:2008/06/03 (火)

「ばらの騎士」の個人的なベスト3は、Eクライバー、クナ、それにこのベーム。共通するのは歌芝居としてのホフマンスタール=シュトラウスをよく理解していること。この他にも、ライナー、ケンペ、クラウス等作曲者と交流の深かった指揮者の演奏はみなそう。ゴージャスにオケを鳴らすオペラではない。歌手では、ゼーフリート、シュトライヒ、ベーメがベストの出来。録音が冴えない点のみ残念だが、カラヤン並みは維持

pie さん | 名古屋市 | 不明

3
★
★
★
★
☆
これぞ真正のシュトラウストーン.まさに銀...

投稿日:2006/03/01 (水)

これぞ真正のシュトラウストーン.まさに銀細工の薔薇の輝き,水晶のような透明の響き.情や雰囲気に流れない硬質の音楽美がある.ヴィーン情緒などと称して甘たるい音色でこの曲を演奏するのが好まれる傾向があるが,それはこの曲の本来の姿ではないと思う.ただ,ベームのスタ録にありがちな欠点として,生きた音楽ではなく博物館の陳列品のようになってしまっている傾向は否めない.

きよん さん | 東京 | 不明

1

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品