シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『騎士パズマン』全曲 ハインツ・ワルベルク&ウィーン放送交響楽団、エーベルハルト・ヴェヒター、ソーナ・ガザリアン、他(1975 ステレオ)+バレエ音楽(2CD)

シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C200062
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

「ワルツ王」ヨハン・シュトラウス2世、唯一の本格歌劇!

家臣パズマンの領地に出かけたハンガリー王、ついついパズマンの美しい妻の額にキスしてしまいました。それを知って激怒したパズマンは裁判官に直訴、パズマンは王妃にキスしてもよいと判決を受けます。王は怒りますが、王妃はそれを許し、自らパズマンの額にキスをします・・・
 400人もの犠牲者を出したウィーン、リング劇場の大火災が引き金となり、オペレッタの人気が低迷。市民たちは他の娯楽を求めていました。そこで当時、宮廷劇場のディレクターを務めていたヴィルヘルム・ヤーンはヨハン・シュトラウス2世に重厚な「グランド・オペラ」の作曲を依頼、シュトラウスは3年の推敲を経て、歌劇『騎士パズマン』を書き上げました。1892年の元日に初演され、ウィーン宮廷歌劇場でツィンバロムが初めて使用された記念碑的作品であるにもかかわらず、前述の通り内容は月並みであり、結局、この作品は人気を獲得することなくお蔵入りになってしまいました。しかし、全編に施された音楽はさすがシュトラウス、とりわけ第3幕に挿入されたバレエ音楽は大好評を博し、中でも「チャールダーシュ」は独立した作品として現在でも愛されています。
 この録音は1975年10月27日のライヴ。日本でもおなじみのハインツ・ワルベルクの軽快な指揮のもと、エーベルハルト・ヴェヒターが題名役を熱唱。他の歌手たちが脇を固めています。また本編では省略されてしまったバレエ音楽は、1993年に別録音されたアルフレート・ヴァルター指揮の演奏を補完、作品を完全なものに仕上げています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ヨハン・シュトラウス2世:歌劇『騎士パズマン』全曲


 騎士パズマン…エーベルハルト・ヴェヒター(バリトン)
 アンジューのカール・ロベルト:ハンガリー王…ヨゼフ・ホップファーヴィーザー(テノール)
 王妃…ソーナ・ガザリアン(ソプラノ)
 エヴァ…トゥルデリーゼ・シュミット(メゾ・ソプラノ)
 ロドモンテ…アルトゥール・コーン(バリトン)
 オモデ…ホルスト・ヴィッチェ(テノール)
 グンディ…アクセル・ガル(メゾ・ソプラノ)
 ミシュー…ペーター・ドラホシュ(テノール)
 ウィーン放送合唱団(合唱指揮:ゴットフリート・プラインファルク)
 ウィーン放送交響楽団
 ハインツ・ワルベルク(指揮)

 録音時期:1975年10月27日
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

● 『騎士パズマン』のバレエ音楽全曲(ポルカ/ワルツ/チャールダーシュ)(ボーナス・トラック)

 スロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団
 アルフレート・ヴァルター(指揮)

 録音時期:1993年8月26-30日
 録音場所:チェコ、Košice, House Of Arts
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 MARCO POLO(8223245)より

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品