シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『ジプシー男爵』全曲 クレメンス・クラウス&ウィーン・フィル、ユリウス・パツァーク、カール・デンヒ、他(1951 モノラル)(2CD)

シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4827371
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

華やかさと楽しさが渾然一体となった
ウィーンのオペレッタを満喫


新規リマスタリング、マイク・アッシュマンが作曲家、指揮者、オーケストラの間の特別な相互関係について語っている最新の解説付きで(欧文のみ)、Eroquenceより発売されます。
 『こうもり』の後、ヨハン・シュトラウスはオペレッタを成功させる方法を再発見するまで11年かかりましたが、一方、『こうもり』を1950年9月に録音し、1951年1月にレコードを発売したデッカは、同じ指揮者、楽団、歌手が1951年4月楽友協会に戻るのを待って『ジプシー男爵』を録音しています。それは、クラウスの激しいながらも洗練された指揮ぶりを考えても、ユリウス・パツァークの比類ないテノールについても、二度と再び作ることが不能な一期一会の組み合わせだったということがわかります。
 クレメンス・クラウス[1893-1954]は喜歌劇『オペラ舞踏会』の作者リヒャルト・ホイベルガーに対位法を学び、ブルノ(チェコ)で、後にシュチェチン(ポーランド)で、モーツァルトとワーグナーだけでなく、パリとウィーンのオペレッタなどオペラの指揮の経験を積みました。(輸入元情報)

【収録情報】
● ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇『ジプシー男爵』全曲


 ホモナイ伯爵/アルフレート・ポエル(バリトン)
 カルネロ伯爵/カール・デンヒ(バリトン)
 シャンドール・バリンカイ/ユリウス・パツァーク(テノール)
 カールマン・ジュパン/クルト・プレガー(バリトン)
 アルゼーナ/エミー・ルース(ソプラノ)
 ミラベッラ/ステッフィ・レヴェレンツ(メゾ・ソプラノ)
 オットカール/アウグスト・ヤレッシュ(テノール)
 ツイプラ/ロゼッテ・アンダイ(メゾ・ソプラノ)
 ザッフィ/ヒルデ・ツァデク(ソプラノ)
 パリ/フランツ・ビールバッハ(バス)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)

 録音時期:1951年4月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:モノラル(セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品