シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『こうもり』全曲 カルロス・クライバー&バイエルン国立管弦楽団、ヘルマン・プライ、ルチア・ポップ、他(1975 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

シュトラウス、ヨハン2世(1825-1899)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837468
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

2CD+BDAセット
録音の少ない指揮者が残した屈指の名盤


24bit/192kHzリマスタリングCD+Blu-ray Audio (24bit/192kHz) シリーズ。この1975年録音の『こうもり』はカルロス・クライバーの録音の中でも屈指の名盤として知られています。クライバーが1988年までほとんどすべての『こうもり』を指揮したミュンヘンの国立歌劇場での舞台の伝説となった信じられないほどの成功に触発され、ミュンヘンのヘルクレスザール(ドイツ・グラモフォンのエンジニアにとっては非常に馴染みの深いホール)で行われたこの録音は、スタジオ録音ながら他の録音では得られない、劇場で体験するような感動をもたらします。
 ユリア・ヴァラディ、ルチア・ポップ、ヘルマン・プライ、ルネ・コロそしてベルント・ヴァイクルといった一流の歌手陣、そして驚くほどしなやかなオーケストラ・サウンドをクライバーが指揮しています。
 バイエルン国立管弦楽団は30年以上にわたりクライバーのお気に入りのオペラの楽団で、これが初めての録音でした。
 見事な歌唱を披露しているルチア・ポップは2019年11月で生誕80周年を迎えます。
 オリジナル・テープからのエミール・ベルリナー・スタジオによる24bit/192kHz新規リマスタリング。(輸入元情報)

【収録情報】
● J.シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』全曲


 アイゼンシュタイン/ヘルマン・プライ(バリトン)
 ロザリンデ/ユリア・ヴァラディ(ソプラノ)
 アデーレ/ルチア・ポップ(ソプラノ)
 フランク/ベンノ・クシェ(バリトン)
 オルロフスキー/イヴァン・レブロフ(バス)
 アルフレート/ルネ・コロ(テノール)
 ファルケ/ベルント・ヴァイクル(バリトン)
 バイエルン国立歌劇場合唱団
 バイエルン国立管弦楽団
 カルロス・クライバー(指揮)

 録音時期:1975年10月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
こうもりの名演としては、カラヤン&ウィー...

投稿日:2010/04/04 (日)

こうもりの名演としては、カラヤン&ウィーン・フィルと本盤のクライバー&バイエルン国立管が2大双璧であると言っても過言ではないのでなかろうか。私としてはカラヤン盤が、豪華絢爛にして豪奢な名演であるのに対して、クライバー盤は、生命力溢れる若武者の快演と評価したい。冒頭の有名な序曲からして、湧き立つような生命力の迸りにただただ圧倒のみである。随所に見られるセリフのみの箇所も、もたれることは決してなく、終始クライバーの華麗な棒の下、実にテンポ良く筋書きが展開していく。第2幕のポルカ「雷鳴と電光」など、切れば血が吹き出てくるような熱い演奏を繰り広げており、合唱陣の巧みな扱い方もカラヤンに一歩も引けを取っていない。そして、歌手陣はカラヤン盤に勝るとも劣らない豪華さ。主役のアイゼンシュタイン役のプライ、アルフレート役にルネ・コロ、そしてアデーレ役にルチア・ホップを配しており、ロザリンデ役のヴァラディや、ファルケ役のヴァイクル、そしてオルロフスキー役のレプロフなども、クライバーの卓越した統率の下、最高のパフォーマンスを示していると言えよう。録音は、通常CDでもかなりの高音質を誇っていたが、SHM−CD化によって更に迫力が増した。これで私は十分に満足していたが、最近になってついに、ESOTERICからSACD盤が発売された。これは、SHM−CD盤を大きく凌駕する究極の高音質であり、クライバーの名演を望み得る最高音質で味わうことの幸せを大いに噛みしめたい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

5
★
☆
☆
☆
☆
オルロフスキーが老人のようで(亡霊か?)...

投稿日:2007/11/16 (金)

オルロフスキーが老人のようで(亡霊か?)、これだけで問題外。最も楽しい第2幕がブチ壊し。どうしてLDのようにファスベンダーじゃないんだろうか???彼女との落差が大きすぎて、LDを見てしまうと、もう聴く気にならなくなる。LDの方をCDでも出してくれないかなぁ・・・

piccolo さん | 埼玉県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
ポップのアデーレは上手くて品がありすぎる...

投稿日:2007/05/29 (火)

ポップのアデーレは上手くて品がありすぎる。ロザリンデと入れ替えてもいいくらい。渦中のレブロフは発音やアクセント(フレージング)が何よりいい。よく頑張ったなと感心するけどファスベンダーには敵わない。クライバーはライヴと比較して一長一短。序曲だけなら人見記念が最高だし、各幕のラストはライヴだし、完成度はどうみてもスタジオだし・・・難しいですね。

ふくろう さん | | 不明

0

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品