忠臣蔵とその時代 第3巻 Nhk大河ドラマ「元禄繚乱」

シュガー佐藤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062688536
ISBN 10 : 4062688530
フォーマット
出版社
発行年月
1999年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
190p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nbhd さん

    神田松之丞さんが言っていたことを、そのまま引っ張ると「忠臣蔵が長年愛されているのは”人の別れ”を描いているから」で、『忠臣』とか『仇討ち』なんてのは、まぁまぁ時代とともに受け入れがたくなるものだけど、「人の別れ」ってぇのは普遍だねぇと、ものすごく納得した。移動中などにyoutubeにアップされてる、春日太一さんや松之丞さんの忠臣蔵解説を聞いたりしている日々。年末からずーっと忙しかったのと、「科学に対する気持ちの入れ込み」がすごくなってしまって、忠臣蔵をほうっておいてしまっていた…ごめん、内蔵助っち。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シュガー佐藤

1953年、宮城県登米郡(現・登米市)中田町生まれ。1971年、石ノ森章太郎のアシスタントとなる。『HOTEL』など多くの石ノ森作品を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品