シャーロット・ブロンテ

人物・団体ページへ

ブロンテ全集 4

シャーロット・ブロンテ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784622046240
ISBN 10 : 4622046245
フォーマット
発行年月
1996年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,470p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    当時の社会的問題を扱っているようにも思うが、それは登場人物が巻き込まれている状況であり、2人の女性の、彼女らの置かれた状況での人生ドラマであり、結婚にいたる恋愛小説だ。イギリスの国教会の教会や牧師が随分と登場し、人間くさく描かれている。オーステンの作品に出てくる女性達の慎しみ深い感情の表し方に対し、シャーロット・ブロンテの女性達はもっと生き生きしているように思った。

  • 秋良 さん

    【G1000】もっとイギリスの労働問題とか絡んでくるのかと思いきや、上巻で色々あった工場のことはうっちゃられてロマンス主体になってた。逆ハーに興味はないんだよ……シャーリーが叔父に浴びせる「叔父様の神様は〈世間〉なの。私の目から見れば、叔父様だって偶像崇拝者だわ。わけもわからずに拝んでるんだと思うわ」という言葉は日本人にも当てはまりそう。

  • きりぱい さん

    最初から、メロドラマを期待しないで、興ざましな話だからと念押しされるのだけれど、そうは言っても期待してしまうわけで、労働者部分の描写が多く、さすがに上巻の半分を過ぎてもシャーリーが出てこない時は、シャーリーじゃなくてもう、キャロラインじゃないのこれ!と。陽と陰の好対照で気を許し合う2人は、ともすれば邪魔する感情と波乱もみせ、メロドラマも漂ってくるのだけど、ラスト近くで男性陣が急に甘甘過多になるのがこそばゆい!シャーリーの好感度は低いのだけど、分別ある理論を述べる部分には拍手!キャロラインが涙ぐましい。

  • Nobody1 さん

    やはりメロドラマの着地だが、ジリジリ焦らされる感じは楽しめた。社会的テーマを描こうとしつつもロマン主義的なドラマが出てきたり、そのバランスの微妙さにシャーロットの格闘が現れているようで、その頑張りになんだか共感する。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シャーロット・ブロンテ

1816〜1855。カウアン・ブリッジ校で学んだのち、家庭教師として働く。1842年に妹エミリーとともにベルギーに留学。父の看病の合間に執筆した『ジェイン・エア』は1847年に刊行され、社会に反抗する女性主人公が大反響を呼んだ。その後、相次いで弟妹を失った悲しみの中で、『シャーリー』(1849)、『

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品