あの犬が好き

シャロン・クリーチ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784037267506
ISBN 10 : 4037267500
フォーマット
出版社
発行年月
2008年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,141p

内容詳細

「詩なんて書けない」と思っていたジャックが、すぐれた詩に出会い、書くことで、抱えていた悲しみから解き放たれていく…。ニューベリー賞・カーネギー賞受賞作家による感動作、詩と少年と犬の物語。

【著者紹介】
シャロン・クリーチ : 1945年米国オハイオ州クリーヴランド生まれ。英国とスイスの高校で英語教師として働いた後、作家となる。1995年『めぐりめぐる月』(偕成社)でニューベリー賞、2002年『ルビーの谷』(早川書房)でカーネギー賞を受賞

金原瑞人 : 1954年岡山県生まれ。法政大学社会学部教授。翻訳家。ヤングアダルト作品を中心に、翻訳書多数。エッセイや評論などの分野でも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さん

    詩なんて女の子のものだから男は書かないと言うジャック。最初は文章を書く事にも慣れていないので、文字も少なくそっけなくて、仕方なく嫌々書いている様子がありありと伝わってきます。(笑)ジャックの詩に対する素直で素朴な疑問、目から鱗な指摘。元々の感性が鋭いのね。見えていなかったものが、ある日突然に知恵と世界が開かれ見えるように。言葉が形になって見えるって言えるんですもの。そして、大好きな犬の事を詩に書いて・・・私は読んで、胸を鷲掴みにされたような思いがしました。言葉の花を咲かせた少年と詩と犬の物語。オススメ♪

  • april-cat さん

    詩を書き始めた男の子の話を詩で綴ってある、といえば良いか。アメリカにはこういう詩を身近に感じる話がちらほらあるのがうらやましい。詩が生活になじんでいるのかな。最後にのっている詩も素敵。後書きで金原さんが小説と詩だったら詩の方が好きだと書いていたのは、正直意外でした(笑)

  • おーちゃんママ さん

    書くことがどんどん好きになっていくジャックの様子が可愛くて、読んでる私も楽しくてうれしくて!以前、学校の先生が「文章力つけるために詩を書かせたいけど、詩は点数で評価できないから・・・」と言っていた。そんな先生方に、是非読んでもらいたい1冊!それにしても「犬」や「りんご」は原書ではどうなってるんだろう?たぶん日本語に訳すのに大変な箇所が多かったと思うのだが、さすが、金原さん!

  • ピンクピンクピンク さん

    戌年1発目の読書に。ある少年が詩に出逢い、マネをしながら自分の詩を創り、ハマっていく。少年の言葉のみが日記の様に綴られていく。少年の想いそのままの言葉となることで、ありのままの風景感傷が浮かび、ほっこりしました。初読みで優しいスタートを決められました、ありがとう。

  • 杏子 さん

    詩だけど物語になってる! こんな本は初めてでした。詩なんて女の子のものだよ、書かないよと言ってる男の子が、先生の読んでくれる詩に感動して!出てくる言葉を借りて自分の心を綴っていく。掲示板に貼ってもいいよ、でも名前は書かないで。男の子の心が直接手にとれるように、まっすぐ響いてくる。あの犬が好き。宝物のように、心にそっとしまっておきたい詩です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品