ブーツをはいたネコ 児童図書館・絵本の部屋

シャルル・ペロー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566003217
ISBN 10 : 4566003213
フォーマット
出版社
発行年月
1994年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Natsuki さん

    今井彩乃さんの「くつやのねこ」を読んで、アレンジされる前のオリジナルを読みたい♪ということで読了。猫の手も借りたいなんて言ったら怒られそうなくらい、猫知恵の働く猫。オリジナルの方がむしろブラックな感じに描かれている気がしました。それにしても美しい絵ですね〜西洋絵画です(*´ー`*)表紙の猫の毛並みの良さったらありません(笑)原題は「PUSS IN BOOTS」猫ちゃんだなんてそんな可愛いもんじゃないけどねΨ( ̄∇ ̄)Ψ

  • 小夜風 さん

    【図書館】何て印象的な表紙!表紙にタイトルはなく、裏表紙に書かれています。どの頁を見ても絵が素敵で、そのまま映画になりそうなくらいです。とにかくネコが可愛い♪

  • ましろ さん

    表紙の猫のアップにも惹かれたが、最近読友さん何人かがシャルル・ペローを読まれていて、久しぶり私も読みたくなった。フレッド・マルチェーノの絵がとても柔らかい雰囲気で綺麗。この絵本の猫の飼い主はあまり男前には見えないんだけど(笑)それに猫の履いてるブーツがまた動きにくそうで何だか笑ってしまった。何度も読んでいるけど猫の賢さに改めて感心してしまう。他の話も再読していきたいな♪

  • たまきら さん

    アカトラ率が高い「長靴をはいたネコ」。こちらの絵本の絵はまさにオカンとオタマ好みです。文章はちょっとぞんざいなんですが、そこもまた愛嬌。賢い猫のその後がついているのにニヤリ。読み終わった後、二人でうちの困ったアカトラを見て「皮をはいじゃおう、てぶくろにしちゃおうかなあ」脅すもグッスリ。私たちはカラバ侯爵にはなれなそうです。

  • ヒロ@いつも心に太陽を! さん

    「長靴」ではなく「ブーツ」と訳してあったのでとりあえず手にとってみたところ表紙の猫にすっかり惹かれてすぐに読んでみた(笑)猫に「ミンチにしちゃうぞ!」と脅されて言うことを聞く農夫たち、人食い鬼の方が怖くないの??という子供みたいな疑問を抱きながらも楽しく読了。三男が譲り受けたネコは、ご主人を立てつつ自分の豊かな生活もしっかり確保して、本当に賢いネコでした(*^ω^*)☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品