CD

Sym, 2, 7, : Bernstein / Vpo

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG9027
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

バーンスタインが得意にしていたシベリウスのシンフォニー2曲を収録。第2番は1986年10月、第7番は88年10月、ともにウィーンでのライヴ・レコーディングである。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
80年代初めのカラヤン/BPOの演奏で、この曲...

投稿日:2021/02/28 (日)

80年代初めのカラヤン/BPOの演奏で、この曲を知った者にとっては、2番のゆっくりとした第4楽章の演奏は「よくやってくれたよ、バースタイン」と拍手を送りたくなりました。とは言っても第2楽章の極端に遅いテンポは、当時の評価でも譜面が聴きながら書き取れるなんて言われてました。第3楽章は一転、速いテンポで進んで、そのまま第4楽章でぐっと失速。晩年のバースタインは曲全体を見て、それぞれの楽章を描くと言う手法が安易なようだけど、分かり易くて良かったです。

またたび度々 さん | 宮城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
シベリウスというとなんだか冷たい響きがす...

投稿日:2018/02/25 (日)

シベリウスというとなんだか冷たい響きがするものですが、バーンスタインによるものはそういう音が全くしないところがすごいのだかなんだか・・・。暖かい音がするというこの曲の別の一面を見た気がする。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この演奏のどこが「駄演」なのかさっぱりわ...

投稿日:2014/02/16 (日)

この演奏のどこが「駄演」なのかさっぱりわかりません。私はいろいろ聴いてきたなかでも極めてユニークな個性をもった名演のひとつだと受け止めています。シベリウスはこうでなければ、という狭隘な審美眼で捉えようとすると、すべての演奏は無個性なものになってしまうような気がします。雄弁で、説得力のある、素晴らしい演奏の一つであることに間違いないと思っています。こういうのもありなんだとね。

Kaori さん | 長野県 | 不明

5

シベリウス(1865-1957)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品