CD 輸入盤

交響曲全集、管弦楽曲集 ユッカ=ペッカ・サラステ&フィンランド放送交響楽団、ジョセフ・スウェンセン(8CD)

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19439704812
組み枚数
:
8
レーベル
:
RCA
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


ユッカ=ペッカ・サラステ/シベリウス:交響曲全集、管弦楽曲集

完全生産限定。落ち着いた重厚な演奏で多くのファンを持つフィンランドの名匠ユッカ=ペッカ・サラステが、当時首席指揮者を務めていたフィンランド放送交響楽団(1987〜2001年)と、1987から1989年にかけてRCAに録音したシベリウスの交響曲全曲、管弦楽作品、ヴァイオリン協奏曲を網羅したボックスで、インターナショナル盤としては初めてのボックス化となります。
 フィンランド放送響首席指揮者着任早々に手掛けただけあって、指揮者とオーケストラの間の極めて緊密な結びつきが聴きとれる充実の演奏が実現しています。このコンビはこの4年後の1993年にサンクト・ペテルブルクで交響曲全曲をフィンランディア・レーベルにライヴ録音しており、高く評価されていますが、名プロデューサー、ブライアン・カルヴァーハウスによるセッションで収録された当ボックスの演奏は、細部の緻密な仕上げが際立っています。
 各ディスクには交響曲が1曲ずつ収録されていますが、それにシベリウスの個性豊かな管弦楽曲がカップリングされているのが心憎いところです。さらにディスク8には、現在は指揮者としての活動に重点が置かれているジョゼフ・スウェンセンの貴重なソロが聴けるヴァイオリンとオーケストラのための作品を収録しています。
 このセットにはブックレットは付いておりません。トラック表は、各ディスクの紙ジャケットに記載されています。(輸入元情報)

【収録情報】
シベリウス:交響曲全集、管弦楽曲集


Disc1
1. 交響曲第1番ホ短調 Op.39
2. 「カレリア」序曲 Op.10
3. 組曲「カレリア」 Op.11
4. 交響詩「フィンランディア」 Op.26

Disc2
1. 交響曲第2番ニ長調 Op.43
2. 劇音楽「クオレマ」 Op.44〜鶴のいる情景/悲しきワルツ
3. 交響詩「夜の騎行と日の出」 Op.55

Disc3
1. 交響曲第3番ハ長調 Op.52
2. 組曲「ベルシャザール王の饗宴」 Op.51
3. 組曲「クリスティアン2世」 Op.27

Disc4
1. 交響曲第4番イ短調 Op.63
2. 交響詩「ポヒョラの娘」 Op.49
3. 交響詩「吟遊詩人」 Op.64
4. 交響詩「大洋の女神」 Op.73

Disc5
1. 交響曲第5番変ホ長調 Op.82
2. 交響詩「伝説」 Op.9
3. 交響詩「タピオラ」 Op.112

Disc6
1. 交響曲第6番ニ短調 Op.104
2. 組曲「歴史的情景」第1番 Op.25
3. 組曲「歴史的情景」第2番 Op.66

Disc7
1. 交響曲第7番ハ長調 Op.105
2. 4つの伝説曲 Op.22

Disc8
1. ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47
2. 2つのユモレスク Op.87
3. 4つのユモレスク Op.89
4. 2つのセレナード Op.69

 ジョセフ・スウェンセン(ヴァイオリン/Disc8)
 フィンランド放送交響楽団
 ユッカ=ペッカ・サラステ(指揮)

 録音:1987〜1989年(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
初期の分売CDで全曲もっている。初期盤1枚...

投稿日:2021/12/21 (火)

初期の分売CDで全曲もっている。初期盤1枚ずつを探すのにかなり時間と労力を使った。ベルグルント・ヘルシンキと肩をならべる抜群の演奏である。ベルグルント・ヘルシンキにはあまり聴かれない逞しさと力強さがあり、このサラステをベストとする人がいてもおかしくはない。全曲むらない素晴らしさがある演奏である。この指揮者、アバドやラトルなどをはるかに超える何か特別なセンス、能力を持っていると思っている。ワルター並みの全身音楽のようなところが感じられ、彼のブラームス、ベートヴェンをこれから購入し、聴くのが楽しみである。只者ではない指揮者である。それに組曲の演奏がすべていい。モーツァルトも録音数5曲だが39,41番など内的響きが堂々として実に素晴らしい。

robin さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
サラステの2度目の全集は真冬の北欧の深い...

投稿日:2021/03/18 (木)

サラステの2度目の全集は真冬の北欧の深い森をさまようような冷たい氷のような演奏でした。 ですが1回目のこの録音はだいぶおもむきが違います。 十分に暖かい演奏です。 これはサラステの変化というより、レーベルの求める音の違いなのでしょう。 ともかくもサラステは音色に独特の感性があり、この全集も北欧的なニュアンスを感じさせる良い演奏です。

三浦大根 さん | 神奈川県 | 不明

1

シベリウス(1865-1957)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品