SACD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲、フィンランディア、トゥオネラの白鳥、カレリア組曲、他 ジェニファー・パイク、アンドルー・デイヴィス&ベルゲン・フィル

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHSA5134
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

アンドルー・デイヴィスが振るシベリウス!
ヴァイオリン協奏曲はジェニファー・パイクと共演!


有名な7つのシンフォニーだけでなく、コンサート・ホール、劇場、サロンでの演奏のために、数多くの名作を遺した北欧フィンランドの大作曲家ジャン・シベリウス。シベリウス唯一の協奏曲、ヴァイオリン協奏曲ニ短調では、シャンドス(Chandos)のメイン・アーティストたち、イギリス・ヴァイオリン界の若きミューズ、ジェニファー・パイクと、アンドルー・デイヴィス&ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の共演が実現。
 北欧フィンランドが育んだシベリウスのヴァイオリン協奏曲。北欧の自然を思わせるかのような透明度、抒情性を感じさせ、雄大なスケールで描かれるヴァイオリン協奏曲への、ジェニファー・パイクのアプローチが楽しみ。イギリスの若き天才の閃きとテクニックが、フレッシュなシベリウスを聴かせてくれるに違いありません。
 ベルリオーズ(CHSA5118)ディーリアス(CHAN5131)に続き、シャンドスで3度目のタッグを組むイギリスのアンドルー・デイヴィスとノルウェーのベルゲン・フィル。アンドルー・デイヴィスの卓越したオーケストラ・コントロールと音楽創り、ベルゲン・フィルの洗練されたサウンドの相性の良さは抜群。創設当初から現在に至るまで、シベリウスの名演を送り出し続けてきたシャンドスに、新たな名盤が加わります!(東京エムプラス)

【収録情報】
シベリウス:
・ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47
・カレリア組曲 Op.11
・悲しいワルツ Op.44-1
・トゥオネラの白鳥 Op.22-2
・抒情的なワルツ Op.96a
・アンダンテ・フェスティーヴォ JS.34b
・交響詩『フィンランディア』 Op.26

 ジェニファー・パイク(ヴァイオリン:Op.47)
 ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
 サー・アンドルー・デイヴィス(指揮)

 録音時期:2013年6月17-20日
 録音場所:ベルゲン、グリーグホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

収録曲   

  • 01. Violin Concerto in D minor - Jennifer Pike/Bergen Philharmonic Orchestra
  • 02. Finlandia - Jennifer Pike/Bergen Philharmonic Orchestra
  • 03. Karelia Suite - Jennifer Pike/Bergen Philharmonic Orchestra
  • 04. The Swan of Tuonela - Bergen Philharmonic Orchestra
  • 05. Valse Lyrique - Bergen Philharmonic Orchestra
  • 06. Valse Triste - Bergen Philharmonic Orchestra
  • 07. Andante Festivo - Bergen Philharmonic Orchestra

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 裾野の広い雄大なスケール、透明感があり...

投稿日:2015/02/06 (金)

 裾野の広い雄大なスケール、透明感があり、抒情性を感じさせる。ヴァイオリンの音色は、ムターと比べてほんの少し高音よりのせいか明るいシベリウスだ。又、音階の切れが少々甘いせいかメラッとする感がある。だからと言ってムターの方はヴァイオリンの線が太く、力強いため北欧のシベリウスと言う感じがしない(音色はムターの方が綺麗)。北欧・シベリウス感か/ヴァイオリンの音色か、どっちを取るか考えるところですが、やはりシベリウス感がある方を取った方が無難かも。

こまち さん | 秋田県 | 不明

0
★
★
★
★
★
雪原に赤いドレス姿、洒落たジャケットです...

投稿日:2014/11/29 (土)

雪原に赤いドレス姿、洒落たジャケットです、美女だから絵になります、パイク、オーケストラ共に上品な演奏で録音も実に素晴らしい(木管楽器が浮き出てくるよう ・・・)、協奏曲の後に美しい旋律(小品)が次々と続きまして、最後の締めはダイハード2 ・・・、失礼 “フィンランディア”、シベリウス三昧でお腹いっぱい、さてデザートは何にしようかな? と言ったところでしょうか ・・・

1960 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これはすばらしい演奏です。パイクは、超絶...

投稿日:2014/11/09 (日)

これはすばらしい演奏です。パイクは、超絶的テクニックと美音を生かし最初から最後まで魅力的に 弾き通しています。今まで聴いたシベリウスのコンチョルトでは最高の一枚であります。まだ24歳と若いパイクには、今後多くの録音を発売してほしいと思います。 他のフィンランディアやカレリアなども勢いがあり秀演です。Chandosの録音は残響がすばらしいです。シベリウスに合っており録音も最高です。

KANA07 さん | 石川県 | 不明

1

シベリウス(1865-1957)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品