CD 輸入盤

【中古:盤質A】 交響曲全集 サカリ&アイスランド交響楽団(4CD)

シベリウス(1865-1957)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付
コメント
:
4枚組
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
NYCC27251
レーベル
International
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

シベリウス:交響曲全集(国内盤仕様限定盤)(4CD)
サカリ&アイスランド交響楽団

国内限定スペシャルBOX!
 活火山と氷河、この2つの相反する地形に覆われた島アイスランド。人口わずか30万人のこの島が有するアイスランド交響楽団は、その演奏もまた驚くほど熱くてクールです。指揮はフィンランドの俊英ペトリ・サカリ。丁寧に細部を磨きあげながらも決してリリシズムを失わない音楽作りが高く評価されています。
 この全集には、交響曲第1番から第7番、サカリが愛してやまない『タピオラ』、そして『フィンランディア』も収録。シベリウスの魅力がぎっしり詰まっています。

・特製書き下ろしオリジナルブックレットを同梱。
 不織布包装でCD4枚を収めた国内盤仕様オビ付きのボックスに、津田忠亮氏による解説書を同梱。アイスランドの歴史や文化、音楽について詳しく言及した「氷島のバイブル」です。また、このスペシャル・ボックスのために津田氏が書き下ろしたシベリウスの作品別解説つき。
「アイスランドの民謡をはじめて体系的に収集したのは、レイキャヴィークにあったラテン語学校の学生、ビャウルニ・ソルステインソンだった。子供のころ耳にした歌が、印刷どころか記録されたことすらないことに彼は気づく。聖職者となったビャウルニは北アイスランドに赴任。さまざまな機会をとらえて口承の歌を記録し始めた。宗教的性格をもつ音楽が古い文献に見つかれば、それもコレクションに加えた。1100を超す民謡、民謡とアイスランドの民俗楽器、アイスランド・フィズルとラングスピルに関する論文を収めたコレクションはコペンハーゲンで出版される。世界でもっとも古い無調音楽と言われ、現代アイスランドの作曲家たちが好む〈百合の歌〉もこのコレクションに収められている」
(解説書「アイスランドと音楽」より抜粋)

シベリウス:
CD1
・交響曲第1番ホ短調 Op.39
・交響曲第3番ハ長調 Op.52
CD2
・交響詩『タピオラ』 Op.112
・交響曲第2番ニ長調 Op.43
CD3
・交響曲第4番イ短調 Op.63
・交響曲第5番変ホ長調 Op.82
CD4
・交響曲第6番ニ短調 Op.104
・交響曲第7番ハ長調 Op.105
・交響詩『フィンランディア』 Op.26-7
 アイスランド交響楽団
 ペトリ・サカリ(指揮)

 録音:1996-2000年、レイキャヴィク(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. シベリウス: 交響曲第1番 [38:08] - I. Andante ma non troppo: Allegro energico [11:10]
  • 02. II. Andante (ma non troppo lento) [9:19]
  • 03. III. Scherzo (Allegro) [5:12]
  • 04. IV. Finale (Quasi una fantasia) [12:27]
  • 05. 交響曲第3番 [29:04] - I. Allegro moderato [10:22]
  • 06. II. Andantino con moto, quasi allegretto [10:02]
  • 07. III. Moderato: Allegro (ma non tanto) [8:40]

ディスク   2

  • 01. 交響詩『タピオラ』作品112 [18:46]
  • 02. 交響曲第2番 [45:07] - I. Allegretto [9:58]
  • 03. II. Andante ma rubato [14:47]
  • 04. III. Vivacissimo [6:10]
  • 05. IV. Allegro moderato [14:12]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
全体的に平板な印象で、競合盤が多いのはツ...

投稿日:2010/10/06 (水)

全体的に平板な印象で、競合盤が多いのはツライだろう。ただ、ISOはシベリウスにふさわしい適度な冷たさと鋭さを持ち合わせている。それが十分に 発揮されたのが1番だ。終楽章は熱も帯び、没入するかの如くサビを高らかに歌い上げるさまは、感動的ですらある。3番はテンホ゜感に優れ、名演だ。 4・7番も良い演奏だが、肝心の2・5番はテンポの不安定さが散見され、残念。6番は無難にまとめた。それにしてもペトリ・サカリ、若い。間違いなくダイヤモンドなのだが、まだまだ原石だ。オケともども腕を磨いて次の全集に期待だ。

silver さん | 東京都 | 不明

0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品