CD 輸入盤

【中古:盤質A】 シベリウス、シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲 ハーン、サロネン&スウェーデン放送響

シベリウス(1865-1957)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
4777346
レーベル
Dg
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ヒラリー・ハーン/シベリウス:ヴァイオリン協奏曲

選曲の独自性を求めてレコード会社を移ったハーンらしく、前回のパガニーニ&シュポアに続き、今回もきわめてユニークなカップリングが実現。ここに選ばれたのはイメージとしては遠く離れた2人の作曲家です。けれども、確かにヴァイオリン協奏曲自体の完成はシベリウスが1903年(改訂1905年)、シェーンベルクが1936年と時間の隔たりがあるものの、没年に関しては殆ど同時期の1950年代で、シェーンベルクよりもシベリウスの方が後まで長生きしたように、この2人はほぼ同時期を生きたという共通点もあります。
 ハーンはシェーンベルクの作品からロマンティックな味わいを引き出しており、この協奏曲が弾くにも聴くにも難解だと思われた時代を過去のものにするような高度な演奏を繰り広げています。  ヴァイオリン協奏曲の大傑作シベリウスの協奏曲は言わずもがなですが、当盤でサロネンが共演しているのも大きな注目点の一つです。シベリウスも20、21世紀音楽も共に得意とするサロネンらしい見事なサポートと積極的な音楽造りを行っています。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 op.47
・シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲 op.36
 ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)
 スウェーデン放送交響楽団
 エサ=ペッカ・サロネン(指揮)
 録音:2007年5月(シベリウス)、9月(シェーンベルク)、ストックホルム

収録曲   

  • 01. Schoenberg: Violin Concerto op.36 1. Poco Allegro [11:36]
  • 02. 2. Andante grazioso [7:30]
  • 03. 3. Finale. Allegro [10:38]
  • 04. Sibelius: Violin Concerto op.47 1. Allegro moderato [17:20]
  • 05. 2. Adagio di molto [8:36]
  • 06. 3. Allegro, ma non tanto [7:16]

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品