シドニィ シェルダン

人物・団体ページへ

天使の自立 上

シドニィ シェルダン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784900430266
ISBN 10 : 4900430269
フォーマット
発行年月
1994年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
544p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 心 さん

    積読本〜!お久しぶりのシドニィ・シェルダン♪長男を産んでから本を読む余裕がなくなり…。その前に購入したのは覚えてるが…20年以上前の話…読んだ?読んでない?思い出せないまま手にした…。読んだことは、すぐに思い出したが…で?次は?記憶は見事に薄れてた。読み出したら…ガッツリとハマってしまうのは月日が経っても変わらず〜!新人のジェニファー・パーカーが、法廷に出る最初の日…その日は朝からご難続きだった。そして、その日はジェニファーの人生を大きく変える1日になった。引き込まれて止められない〜!寝不足覚悟の1冊!

  • よしひろ さん

    人間の欲望、次の瞬間には急展開。息つく暇もない事件の連続。これぞサスペンスといった感がある。作者がどうやってこの作品を作り上げたのかが気になる。

  • 米倉 涼子 さん

    ★★★☆☆シェルダン作品は何冊か読んでいるが、負けん気溢れる美しい女性が主人公で、妻子あるかっこいい金持ちの男性と恋に落ち、人生の奔流に巻かれながら乱高下しつつハッピーエンドを迎えるってのが黄金パターンになっているのね。たまたまそういうのが続いているのかな?はじめて読む法廷小説なので、黄金パターンではあるものの新鮮味がある。中山七里氏の法廷小説も積んであるので、それを読む前の参考文献としておこう。想像はつくものの、下巻での決着に、どんでん返しを期待したい。

  • オマエ さん

    かなり昔に読んだ本ですが、速読できました!

  • asanosatonoko さん

    最後まで読み終わり、なるほど、と言ってしまった。効果的に配置される登場人物を自然に近づかせるためのプロットが際立っている。有能な弁護士を主人公に前半はいくつかの裁判事件を描いている。勝訴で終わった話ばかりだが、依頼人が善人でないとも限らないところが皮肉で面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シドニィ シェルダン

若い頃からモノ書きに憧れ、その夢をブロードウェーの劇作家として実現。たちまち人気作家に。その後、ハリウッドに移り、映画の脚本を書く。「独身者と女学生」ではアカデミー脚本賞を受賞。50歳を過ぎてから小説を書き始め、作品の全てがベストセラーになるという超人気作家に。その累計部数の多さでギネスブックにも載

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品