世界あやとり紀行 精霊の遊戯 INAX BOOKLET

シシドユキオ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784872758382
ISBN 10 : 4872758382
フォーマット
出版社
発行年月
2006年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
野口広 ,  
追加情報
:
21×21cm,69p

内容詳細

世界に3000種も現存する伝承あやとりを、豊富な写真とかわいいイラストでナビゲート。各地の暮らしや自然を伝える様々な形を、その研究の歴史を交えて紹介。国際あやとり協会設立までの経緯と、その活動も解説。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はる さん

    図書館本。あやとりの摩訶不思議な形と見立てと名前も素敵だが、あやとりをしている人たちの表情やいでたちがすごく良い。学童でも時々わ〜っと流行るあやとりだけれど、本を見ての研究派と、手取り足取り?教えて派と別れたりする。天の川を取ってみたいなぁ。買おうかな、この一冊。

  • ぱせり さん

    あやとりって、日本独自の遊びだと思っていました。ナバホ、イヌイット、太平洋諸国、アフリカ、東南アジア・・・その国や民族を象徴するような名で呼ばれる珍しいデザインに魅了されました。欲を言えば、あやとりの手わざとともに、語られる物語や歌も教えてほしかった。あやとりから解き起こす民族の歴史なども知りたいな。

  • わんこのしっぽ さん

    読友さんのレビューを読んで手に取りました。皆さんと被ってしまいますが、私も、あやとりは日本の伝統的な遊びだと…^^;口承文化として、世界的に自然発生したなんて!!驚きと感動です。幾世代も受け継がれてきたんですね〜どんな物語と伴に受け継がれて来たんでしょうか。想像が膨らんでいきます。ホントに薄い本ですが^^;驚嘆させるだけのパワーがあります。それは今まで幾世代も受け継がれてきた文化の重みでしょうか。

  • Te Quitor さん

    野比のび太の特技。一本の輪にした紐を手に掛け多様な形を作る遊び「あやとり」。日本古来の文化だと勝手に思い込んでいた。あやとりは実は世界中に存在している。世界各地で自然発生した文化らしい。文字を持たない社会でコミュニケーションツールとなっていた。そして、語りや歌と対になって生まれたものが多いようだ。一本の輪から生み出される凄技。奥が深いなぁ。

  • こなやぎ さん

    もっともっと取り方を載せてほしかった!天の川とかつくってみたい。この本のせいでお気に入りには「国際あやとり学会」のサイトが入り、それによってあやとり「アラスカの日の出」を習得したのであった。はまるわこれは。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品