シェーンベルク(1874-1951)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

【中古:盤質A】 弦楽四重奏曲第1番、第3番 グリンゴルツ・クヮルテット

シェーンベルク(1874-1951)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
PAPER SLEEVE,SACD(ハイブリッド)
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
BISSA2567
レーベル
Bis
Sweden
フォーマット
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


グリンゴルツ・クヮルテットの圧倒的な技術と豊かな表現で聴く、
シェーンベルクの弦楽四重奏曲第1番、第3番!


SACDハイブリッド盤。精力的な演奏・録音活動で知られるロシアの名手イリヤ・グリンゴルツ。ソロ活動のほか室内楽にも積極的に取り組んでおり自身のクヮルテットでも多くの録音があります。シェーンベルクの第2番と第4番を収めたアルバムの録音から約5年、ついに第1番と第3番を録音しました!
 十二音音楽の創始者として20世紀音楽に最も大きな影響を残した作曲家のひとり、シェーンベルク。1908年頃より無調を試みましたが、第1番は1905年の作品です。調性に基づいた作品ですが、その対位法的な技巧と単一楽章形式の試みなど、注目すべき点の多い初期作品です。単一楽章といっても当演奏では46分ほどの大曲。緊張感をもったこの作品ですが当団は集中を切らすことのない演奏を展開しております。
 第1番作曲から四半世紀弱。第3番は1927年の作品です。十二音の技巧によって作られた4楽章構成のこの作品ですが、第1番同様主要主題の音形によって静かに終わります。当団の引き締まった演奏はシェーンベルクの作品にマッチしております。(輸入元情報)

【収録情報】
シェーンベルク:
● 弦楽四重奏曲第1番ニ短調 Op.7(1904-05)
(46:38)
● 弦楽四重奏曲第3番 Op.30(1927)(32:01)

 グリンゴルツ・クヮルテット
  イリヤ・グリンゴルツ(ヴァイオリン/アントニオ・ストラディバリウス「ex-Prove」、クレモナ、1719年製)
  アナヒット・クルティキャン(ヴァイオリン/カミッロ・カミッリ、マントヴァ、1733年製)
  シルヴィア・シモネスク(ヴィオラ/ヤコブス・ヤヌアリウス、クレモナ、1660年製)
  クラウディウス・ヘルマン(チェロ/ジョヴァンニ・パオロ・マッジーニ、ブレシア、1600年頃製)

 録音時期:2021年3月24-27日
 録音場所:チューリッヒ、SRFスタジオ
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

 BIS ecopak

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品