シェルドン・ランプトン

人物・団体ページへ

隠されている狂牛病

シェルドン・ランプトン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784944154661
ISBN 10 : 4944154666
フォーマット
出版社
発行年月
2002年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,238p

内容詳細

表面化しつつある危機の実態を国民の目から隠そうとして必死になっている米国政府と業界の狂奔ぶりをつぶさに描いた衝撃のリポート。

目次 : 第1章 証明のむずかしさ―狂牛病とヤコブ病を結ぶ輪/ 第2章 遺伝病か伝染病か―致死率一〇〇パーセントの恐怖/ 第3章 業界の利益を守れ―肥大する市場と技術革新のワナ/ 第4章 危険の兆候―牛肉から大量発生したミンク脳症/ 第5章 感染するタンパク―健康な脳を汚染するプロセス/ 第6章 危機の深層―アメリカにおける狂牛病発生の可能性/ 第7章 崩壊―種の壁をこえて伝染する不安と恐怖

【著者紹介】
シェルドン・ランプトン : 捜査ジャーナリスト。PRウォッチ誌の編集員。プリンストン大学卒。記者、編集者、作家、グラフィックアーティスト

ジョン・ストーバー : ボランティア組織「メディアと民主主義のためのセンター」の創設者および代表。PRウォッチ誌の寄稿者であるとともに編集者でもある

荒木創造 : 昭和20年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部中退。翻訳家。心理カウンセラー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品