サン=サーンス (1835-1921)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第3番『オルガン付き』、動物の謝肉祭、死の舞踏、他 フレモー&バーミンガム市響、他

サン=サーンス (1835-1921)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3822332
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

フレモー/サン=サーンス:『オルガン付き』、他

【収録情報】
サン=サーンス:
1. 交響詩『死の舞踏』 op.40
2. 組曲『動物の謝肉祭』
3. アレグロ・アパッショナート ロ短調 op.43
4. 交響曲第3番ハ短調 op.78『オルガン付き』

 フェリックス・コック(ヴァイオリン:1)
 ジョン・オグドン&ブレンダ・ルーカス(ピアノ:2)
 ポール・トルトゥリエ(チェロ:3)
 クリストファー・ロビンソン(オルガン:4)
 バーミンガム市交響楽団
 ルイ・フレモー(指揮)

5. 歌劇『サムソンとデリラ』よりバッカナール

 パリ・オペラ座管弦楽団
 ジョルジュ・プレートル(指揮)

収録曲   

  • 01. Danse macabre in G minor, Op. 40
  • 02. Carnival of the animals
  • 03. Carnival of the animals
  • 04. Carnival of the animals
  • 05. Carnival of the animals
  • 06. Carnival of the animals
  • 07. Carnival of the animals
  • 08. Carnival of the animals
  • 09. Carnival of the animals
  • 10. Carnival of the animals
  • 11. Carnival of the animals
  • 12. Carnival of the animals
  • 13. Carnival of the animals
  • 14. Danse macabre in G minor, Op. 40
  • 15. Danse macabre in G minor, Op. 40
  • 16. Allegro appassionato for Cello and Orchestra in B minor, Op. 43
  • 17. Symphony no 3 in C minor, Op. 78 "Organ"
  • 18. Symphony no 3 in C minor, Op. 78 "Organ"
  • 19. Symphony no 3 in C minor, Op. 78 "Organ"
  • 20. Symphony no 3 in C minor, Op. 78 "Organ"
  • 21. Samson et Dalila, Op. 47: Bacchanale

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
多数の方が書かれていますが、交響曲3番の...

投稿日:2017/01/21 (土)

多数の方が書かれていますが、交響曲3番のオルガンが凄く良いです。 1楽章後半の重低音、2楽章後半の有名な出だしなどは圧巻。 弦五部も全く負けていないし、管楽器の安定性も申し分ない。ゾクゾク・ワクワクする演奏。 外部ノイズが多い通勤電車でイヤホン(圧縮音源)で聞くこと多い私でも、定番になっている素晴らしい1枚です。

ぱう さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
レビューの評価が高いので、購入しました。...

投稿日:2015/12/11 (金)

レビューの評価が高いので、購入しました。両曲共に素晴らしい演奏です。それにしても、以前から感じていたんですが、レコ芸評価よりHMVレビューの方が遥かに正しいです。!

Nowhere Man さん | 石川県 | 不明

4
★
★
★
★
★
値段の安さにつられて、また諸兄のご意見を...

投稿日:2015/06/03 (水)

値段の安さにつられて、また諸兄のご意見を参考にして購入。そして聴こうとして、いや、まいった!一番聴きたい交響曲が一番最後に入っているじゃありませんか!ううん、どうなんかなあ?小生は仕方なく、コピーして順番を入れ替えたものを作って聴いている。内容は諸兄の言われるとおりの素晴らしい内容!まず音の良さ!最近購入したスラットキンの同曲もかなり良い音であったが、それに勝るとも劣らない。もっとも小生の装置は古式ゆかしいテクニクスの装置(30年以上前の装置、レコードプレーヤーがついていた!)に、無理やり安物のCDプレーヤーを繋いだだけで、昨今流行のSACDなぞをかけても音の良さの違いは判らないものゆえ、あてにはならないが・・・。しかしフレモーの式は素晴らしい。かつては今で言うテロリスト並みだったとかいう履歴はともかく、幻想symも素晴らしかったし、この指揮者もっともっと評価されても良いと思う。個人的にはこの第3番についてはプレートルのパリ音楽院の旧盤が最高と思っているが、マルティノンのフランス国立とガヴォーティの盤もそれと双璧と思う。オケとオルガンの別録りについて意見を言われた方がみえたが、まさに財津一郎氏のギャグではないが「そのとおおおーーり」と言いたい。マルティノンのフランス国立とガヴォーティの盤はアンバリッドでの同時録音であり、マルティノンのフランス国立とガヴォーティの盤その時同時くらいに出ていたバレンボイムとシカゴ、リテーズのものが別録りだったと、諸井誠氏の本で読んだことがある。マルティノンの盤には感動し、バレンボイムのはそれを知る前から綺麗だが軽い演奏だなあ、と思っていたので改めて納得した記憶がある。プレートルの旧盤はどうだったかは知らないが、このフレモー盤も素晴らしい。録音・音処理の技術も超進歩して、SACDは当たり前で、今では1音づつでも修正できると聞く。ライブでも何日か分の中からの、いいところ録りも多いという。しかし、そんな音楽からは感動は少ないと思う。綺麗なだけの音楽なら、かつてカラヤン氏が何度も実行している。そういった時代にこのフレモー盤は同時録音と聞いてそれだけでも感動した。音繋ぎをしているかどうかは不明ではあるが・・・。まあ、いいCD聴かせてもらいましたわ。満点献上ですわ、これなら・・。

mid-massa さん | 三重県 | 不明

4

サン=サーンス (1835-1921)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品