サロネン、エサ=ペッカ(1958-)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲、『Nyx』 ジョゼフォヴィッツ、サロネン&フィンランド放送響

サロネン、エサ=ペッカ(1958-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4790628
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

サロネン/Out of Nowhere
現代人の心に響くサロネンの作品2作、初録音!


ボストン・グローヴ紙が「現代ヨーロッパ人の苦難とカリフォルニアン・クールの魅惑的な融合」と評したように、サロネンのヴァイオリン協奏曲は、21世紀初の偉大なる協奏曲作品といえましょう。このアルバムの演奏者でもあるリーラ・ジョゼフォヴィッツのために書かれました。サロネンが17年にわたるロサンジェルス・フィル音楽監督時代の最後の頃に作曲したものです。来年2013年2月には諏訪内晶子が音楽監督を務める諏訪内晶子音楽祭でサロネン指揮の下、諏訪内晶子のソロで演奏が予定されています。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
サロネン:
1. ヴァイオリン協奏曲 (2009)
2. Nyx (2011)

 リーラ・ジョゼフォヴィッツ(ヴァイオリン:1)
 フィンランド放送交響楽団
 エサ=ペッカ・サロネン(指揮)

 録音時期:2012年3月(1)、2011年9月(2)
 録音場所:ヘルシンキ・ミュージック・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 1. Mirage
  • 02. 2. Pulse I
  • 03. 3. Pulse II
  • 04. 4. Adieu
  • 05. Nyx

ディスク   2

  • 01. Record Label: Deutsche Grammophon
  • 02. Catalog#: 00289 4790628
  • 03. Country Of Release: NLD
  • 04. Year Of Release: 2012
  • 05. Notes: Leila Josefowicz/Frso/E.P.Salonen

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
サロネンの作品は洗練された保守性と受け入...

投稿日:2016/09/24 (土)

サロネンの作品は洗練された保守性と受け入れやすい現代性を併せ持つ曲が多く、心にしっくり染み込んでくるのですが、このヴァイオリン協奏曲はその作曲スタイルを最大限生かした名曲と思います。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
サロネンの作品は洗練された保守性と受け入...

投稿日:2016/09/24 (土)

サロネンの作品は洗練された保守性と受け入れやすい現代性を併せ持つ曲が多く、心にしっくり染み込んでくるのですが、このヴァイオリン協奏曲はその作曲スタイルを最大限生かした名曲と思います。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
作曲家サロネンの、21世紀の新作、ヴァイオ...

投稿日:2013/04/22 (月)

作曲家サロネンの、21世紀の新作、ヴァイオリン協奏曲は、この曲の持つ雰囲気にぴったりな、北欧の地元、フィンランドのオーケストラと。そこかしこに、彼が好んで取り上げる、ルトスワフスキやサーリアホ、メシアン、或いは、バルトーク、ストラヴィンスキー等20世紀現代音楽の延長路線にある、と、思いきや、突如、バーンスタインみたく、ジャズのフレーズも出てくる。諏訪内さんのように取り上げる人が現れてくれるか、それには、作品の良しあしだけでなく人間関係が決する。「Outof Nowhere」の題名、ジャケット通りの混迷なる現代人の為のドライ、クールな21世紀のセレナーデ。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0

サロネン、エサ=ペッカ(1958-)に関連するトピックス

おすすめの商品