CD

夏の最後のバラ〜フォーク・アルバム

サラ・ブライトマン

基本情報

カタログNo
:
WPCS23107
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

【クラシック・マスターズ】
サラ・ブライトマン/夏の最後のバラ〜フォーク・アルバム


1987年に発表されたサラ・ブライトマンの初期秘蔵アルバムです。アイルランドやフランスで古くから親しまれ歌い継がれている曲を中心とした選曲。わが国では「庭の千草」として親しまれている表題曲をはじめ、本作はブリテンの編曲を採用、サラ・ブライトマンが美しい歌声でそれらを紹介しています。
 歌詞対訳付き。(Warner Classics)

【収録情報】
・ある朝早く
・ニューカッスルからおいででは?(フラーのソング・ブック)
・優しのポリー・オリヴァー
・木々は高だかと(サマセット民謡)
・とねりこの木立(ウェールズの曲)
・ああ、ああ(サマセットから−セシル・シャープ)
・答えのなんと優しいことか(ムーアのアイルランド民謡)
・牧童(W.シールドの曲)
・春が過ぎてゆく
・夏の最後のバラ(庭の千草)(ムーアのアイルランド民謡)
・美しいひとは愛の庭に
・糸を紡ぐ女
・愛しきわが祖国のハープ!(ムーアのアイルランド民謡)
・小さなサー・ウィリアムス(サマセット民謡)
・ねえ、クッションを縫える?(スコットランドの曲)
・しんとした夜にはよく(ムーアのアイルランド民謡)
・おいらが親父のところで
・慰めてくれる人もなく(スコットランドの曲)
・オリヴァー・クロムウェル(サフォークから−ナーセリー・ライム)

 サラ・ブライトマン(ソプラノ)

 歌詞対訳付き


【クラシック・マスターズ】
旧EMIクラシックスの国内盤、輸入盤の実績&人気上位アイテムの中から100タイトルセレクト。
名盤中の名盤を厳選し、世界一流のアーティスト陣によるラインアップ!(Warner Classics)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

サラ・ブライトマン

出演するミュージカルは勿論、発売するアルバムも必ずヒットを遂げるサラ・ブライトマン。 彼女のステージにおける存在感と、歌唱力は、世界中で既に知名度を上げていたものの、日本で一般的に知れ渡ったのは、1997年頃。97年にリリースされた”タイム・トゥ・セイ・グッバイ”に収録されていた、アンドレア・ボッチェリとのデュエット曲がCMで起用されたのをきっかけに脚光を集めるようになりました。

プロフィール詳細へ

サラ・ブライトマンに関連するトピックス

ニューエイジ に関連する商品情報

おすすめの商品