サラ・ブライトマン

サラ・ブライトマン プロフィール

サラ・ブライトマン | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

彼女のステージにおける存在感と、歌唱力は、世界中で既に知名度を上げていたものの、日本で一般的に知れ渡ったのは、1997年頃。97年にリリースされた”タイム・トゥ・セイ・グッバイ”に収録されていた、アンドレア・ボチェッリとのデュエット曲がCMで起用されたのをきっかけに脚光を集めるようになりました。そして最近では、2002年FIFAワールドカップでサッカーが注目された年、テレビ朝日系スポーツ番組でサッカーといえばこの曲とばかりに流れていた『A Question Of Honour』!このマキシシングは大ヒットを記録しています。そして、最新作『Harem』の国内盤に収録されたのは、同じくテレビ朝日のニュースステーションのテーマ曲。そんなサラ・ブライトマンの生い立ちから、作品について触れてみたいと思います。

1960年8月14日 イギリス・Berkhampstead生まれ。3歳の頃からダンスを習い、13歳のころにはロンドン・ミュージカル’I and Albert’でステージ・デビューを果たしています。また1976年には人気テレビ・シリーズ”Pan's People”でTVデビュー。さらにポップス・グループ”Hot Gossip”を結成しアルバムも1枚残している。

ミュージカルに出演するようになるのは1980年代から。ロンドン・ミュージカルの名作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカル『オペラ座の怪人』の主役を演じ、一躍スターダムにのしあがったサラが、ロイド・ウェバー作品に初めて出演したのが、1981年の、ロンドン・ミュージカル定番作品『キャッツ』。その中の楽曲「メモリー」を御存知の方も多いことでしょう。そして近年、CMで起用されていたアンドレア・ボチェッリとのデュエット曲『TIME TO SAY GOODBYE』が世界中で1200万枚を超え、今もその勢いは衰えません。99年に発表したニューアルバム『エデン』も大ヒット・アルバム『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』と並ぶ大ヒットを記録しました。

サラが19歳の頃に『キャッツ』をきっかけに知り合った天下のアンドリュー・ロイド・ウェバーとも恋中になり、のち結婚へ。以後も、『レクイエム』『オペラ座の怪人』『ソング・アンド・ダンス』などウェバー作品に多く主演/出演しました。そして90年に離婚をしてしまいますが、音楽関係の仕事はその後も共に製作しています。

そしてアンドリューとの離婚から7年を経て、珍しくアンドリュー以外の、フランシス・レイゴールドスミスら作曲家の映画音楽名曲、クラシック曲などを歌い上げた『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』を97年に発表し、ヨーロッパで1200万枚以上売れ、世界的に大ヒットし、ブライトマン旋風を吹き荒らしたのです。あの3大テナーの一人、パバロッティに認められた盲目テナー歌手のアンドレア・ボチェッリとのデュエット曲がホンダ・「アコード」、スバル「ランカスター」CMソングなどに起用され、問い合わせが殺到する程、その美しい歌声が印象的でした。そして中でもボローニャ歌劇場公演で来日を果たす人気二枚目テノール歌手のホセ・クーラとのデュエット曲(3曲目、6曲目)なども聴きドコロです。

そしてこの同年に発売され、またしても大ヒットを記録したのが『アンドリュー・ロイド・ウェバー・コレクション』。気心知れた仲の2人だけあって、サラも羽を伸ばして、軽やかにのびのびと歌いあげている人気のアルバム。このアルバムでは『オペラ座の怪人』のテーマ曲(マイケル・クロフォードとのデュエット曲)>、『エヴィータ』からの大名曲「ドント・クライ・フォー・アージェンティーナ」、そしてホセ・カレーラスとのデュエット曲「AMIGOS PARA SIEMPRE」も収録されています。

そして1999年に発売されたのがこちらもやはり大ブレークした『エデン』。このアルバムでも美しく、しなやかに伸びる歌声が堪能できます。エニグマのプロデューサーとして名を馳せるピーターソンとのコラボレーションで作った作品で、ここではプッチーニのアリア、映画『タイタニック』から「MY HEART WILL GO ON」、リチャード・マークスの書き下ろし曲、そしてガブリエル・ヤレドのスコアが好評だった映画『イングリッシュ・ペイシェント』からのカヴァー曲など、ラヴ・バラード・ナンバーが多数収録されているお勧めのアルバムです。

ミュージカル界の歌姫が世界にはばたち、瞬く間に世界中で最高峰のヴォーカリストと称えられたサラ・ブライトマン。2000年夏にリリースされた最新作”La Luna"も素晴らしい出来栄え。この新作では、オペラ’ルサルカ’のアリアをアレンジしたタイトル曲の12曲目や、ベートーヴェンの交響曲第7番のアレンジ曲の3曲目などのクラシカルな楽曲と、’スカボロフェア’、ビージーズの’若葉の頃’、クレイグ・アームストロングによる’This Love’のカヴァーなどのポップス曲と、サラならではのヴァーサイタルな内容です。

そして、2001年に発売された大ヒット作『 Classics 』。シューベルトのアベマリアをはじめとする人気のあるクラシカル・ソングが勢揃い!彼女のクラシカル・ソングを新しい手法とミックスさせた、まさに至高のコレクションとなっています。

2002年には、原点といえるミュージカル・ナンバーのベスト・コンピレーション『Encore 』を発売。 Deccaレーベルに残した音源の中からサラのミュージカル・ナンバーを集めたベスト・コンピ!未発表曲を4曲収録したファン必携の1枚です。また、FIFAワールドカップのが開催されたこの年、テレビ朝日のサッカー番組でよく使われていたのが『青い影 / ア・クエスション・オブ・オナー』です。

そして、2003年には最新作『Harem 』を発売。この国内盤には、TV朝日ニュースステーションのテーマ曲が収録され大ヒットを記録しています。

出演するミュージカルは勿論、発売するアルバムも必ずヒットを遂げるサラ・ブライトマン。ドミンゴとの共演コンサートや、テレビ朝日「ニュース・ステーション」などの出演にCMと、日本でもその歌声が頻繁流れています。今後の活躍を期待すると同時に、当分彼女から目が離せないですね。

%%message%%