サミュエル・ベケット

人物・団体ページへ

新訳ベケット戯曲全集 1 ゴドーを待ちながら/エンドゲーム

サミュエル・ベケット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784560093313
ISBN 10 : 4560093318
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
302p;19

内容詳細

不条理演劇の最高傑作が楽しめる「ゴドー」と、チェスの終盤戦になぞらえられる「勝負の終わり」の新訳を収録。

【著者紹介】
サミュエル・ベケット : 1906‐1989。アイルランド出身の劇作家・小説家。1927年、ダブリンのトリニティ・カレッジを首席で卒業。28年にパリ高等師範学校に英語講師として赴任。ダブリンやロンドンでの生活を経て、37年の終わりにパリに正式に移住。ナチス占領下には、英国特殊作戦執行部の一員としてレジスタンス運動に参加。52年『ゴドーを待ちながら』を刊行(53年に初演)。69年にノーベル文学賞を受賞。晩年まで、ミニマル・ミュージックさながらの書法で、ラジオ・テレビドラマなど数多く執筆

岡室美奈子 : 早稲田大学文学学術院教授、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館館長。芸術学博士(国立アイルランド大学ダブリン校)。サミュエル・ベケットを中心に、現代演劇論とテレビドラマ論を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • zirou1984 さん

    Nothing to be doneが「どうにもならん」から「なにやってもダメ」へと変化を遂げた半世紀ぶりの新訳ゴド待ち&エンドゲーム。はじまろうとして始まらない、終わろうとして終わり損ねるベケットの代表的戯曲の二作はどちらも意味からの逃走をずっこけながら提示する。ゴド待ちに顕著な、言葉の反復による一体感は差異によって裏切られ、宙ぶらりんなさながら残尿感のような居心地の悪さこそがベケットなりの人間賛歌。ウラジミールとエストラゴンは人生の過程という今を誰よりも懸命に、ファニーなほどに生きている

  • ごじ さん

    「なにをやってもダメ?」“Rien à faire.”読んでる側から次から次へと浮かんできては消えない疑問は、読み終ったら止むどころかますますあふれでる。そもそも登場人物たちはなにかを「し」えたのか?いや、もちろんそんなことが問題なんじゃない。だってそもそもはじめから「出来事なんてなかった(何も起こらなかった)」"Rien affaires"んだから。え?じゃ、この古典を新しく読み直し、訳し直すこともまた徒労なのかって?(沈黙)。かもね。(沈黙)。ってんなわけねーだろ。もしそうならいのちなんて要らないよ!

  • hiro さん

    ゴドーを待ちながら・・・始めに読んだ安堂信也、高橋康也訳では1幕目を喜劇と、2幕目を悲劇と感じたが、この新訳を読んだ後、そのときどきのこちらの心理状態で様々な解釈が可能な戯曲かと・・・そして一本の木のみの舞台と小道具に関心が・・・1幕目の一本の枯れた木、エストラゴンのきついブーツ、帽子、舞台を水平に横切る長いロープから・・・2幕目の葉の茂った木へ、ぴったりのブーツへ、蕪の色、ラッキーの帽子へ交換、めくらと唖になりロープの引っ張り役も変わったポッツォとラッキー・・・その劇的役割の変化の意味は何だろうと・・・

  • kane_katu さん

    ★★★☆☆大学1年の時、取るべき英語の授業は2コマあった。諸先輩作成の科目ガイドでは、その2コマの先生は「動のタイゾー、静の榊原」とあった。その榊原先生の授業の題材が『ゴドー』だったのだ。1人1ページくらいの割り当てで、順番に訳を発表していく授業だった。ラッキーの長台詞に当たったら大変だと、図書館でベケット全集を見て、ラッキーの長台詞をとりあえず引き写した記憶がある。それ以来、約30年振りの『ゴドー』である。

  • shin1ro さん

    ベケットとの出会ひは高校時代。 ご多聞にもれず「ゴドーを待ちながら」でした。 あれから30数年、新訳が出たとのことで久しぶりに読んでみました。 読後感が若干軽く感じられるのは、新訳だからでせうか⁈ それとも自分が齢を重ねたから⁈ かつての自分は、決して姿を現さないゴドーの意味を必死に考え求めたモノですが、いまや「抽象的で思わせぶりなコメントで託宣に幅広い普遍性を持たせ、聴く者に都合の良い解釈をさせて無理矢理信じさせやうとする卜師のやう」と穿ってしまう自分は、それだけ汚れたと云ふことでせうか⁈

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

サミュエル・ベケット

1906‐1989。アイルランド出身の小説家・劇作家。1927年、ダブリン・トリニティ・カレッジを首席で卒業。28年、パリ高等師範学校に英語教師として赴任し、ジェイムズ・ジョイスと知り合う。30年、トリニティ・カレッジの講師職を得てアイルランドに戻るも翌年末に職を離れ、その後パリに舞い戻る。33年末

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品