サミュエル・スマイルズ

人物・団体ページへ

自助論 人生を最高に生きぬく知恵

サミュエル・スマイルズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784837954156
ISBN 10 : 4837954154
フォーマット
出版社
発行年月
1985年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
竹内均 ,  
追加情報
:
234p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • molsci さん

    著者の主張に納得する点はあるものの、自己責任論はしばしば勝者の論理になることにも少し自覚的であるべきではないだろうか。希望を持ち目標に向けて努力するには自尊心が必要であり、努力できるのも才能の一種だと思う。そもそも生来の環境や資質によって、各個人には決定的な差が生じうる。意志力を持てない人に闇雲に努力を奨励するのは酷だろう。「読書は時間つぶしに過ぎない」と著者自身が本書の意義を否定しているが、本書を自省のきっかけとして実際に努力しろということか。

  • takaony さん

    明治維新の頃に青年たちに、福沢諭吉の『学問ノススメ』に次いで読まれた名著。今尚読まれ続けると喧伝されるが、周囲を見渡して、この本やまた類本に親しみ、共感し、身を起こすような人をあまり知らない。古典が廃れてしまったことは、本屋に行けば分かる。売っている本の半分は、漫画である。漫画は文化だろう。だが、古典は歴史である。吉野源三郎氏の『君たちはどう生きるか』が漫画で100万部を超えて読まれたそうだが、果たして、岩波文庫の青本で読もうとした人は、その千分の一もいないだろう。漫画でしか古典に与れない現代人は空しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

サミュエル・スマイルズ

1812年、英国、スコットランド生まれ。医師となりエディンバラで開業。後に著述家となる。1904年没

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品