サビーネ・フリューシュトゥック

人物・団体ページへ

不安な兵士たち ニッポン自衛隊研究

サビーネ・フリューシュトゥック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784562041404
ISBN 10 : 4562041404
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,319p

内容詳細

気鋭の女性外国人社会学者が、日本社会での自衛隊のあり方を分析。戦いを禁じられた軍隊のアイデンティティとは何か。この国にとって、自衛隊とは何なのか。知られざる自衛隊の実像に迫る1冊。

【著者紹介】
サビーネ・フリューシュトゥック : 1965年、オーストリア生まれ。1996年、ウィーン大学にて博士号取得(日本社会学)。現在はカリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(近現代日本研究)、東アジアセンター所長。近現代日本の文化と社会、特に、権力/知、ジェンダー/セクシュアリティ、軍事/社会について研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 自然堂 さん

    阪神淡路大震災の対応の遅れが自衛隊の能力不足によるものだとか、自衛隊の社会的地位が向上せず、法的にも脆弱なままであるのはドイツが戦時中の行動の責任をとったのに対し、日本は曖昧な立場のままである為だ、とか(実際は両方共村山富市の責任に依るところが大きい)本書の主眼がそういう所にないという事は理解しているが、ある種大雑把ともいえる著者の認識の浅薄さが要所要所で顔を出し、終始喉に刺さった小骨のように引っかかって、本書自体の説得力を貶めているように感じ、素直に読めなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

サビーネ・フリューシュトゥック

カリフォルニア大学サンタバーバラ校(近現代日本研究)教授

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品