ジグソーマン 扶桑社ミステリー

ゴード・ロロ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594073855
ISBN 10 : 4594073859
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
391p;16

内容詳細

200万ドルで腕を売る契約をした男が体験する壮絶なる悪夢とは?衝撃必至のノンストップ・ホラー!マイケルは交通事故で妻と息子を亡くして以来、酒におぼれ職を失い、すさんだ路上生活を送っていた。そんな人生に幕を引くべく線路脇に佇んでいた彼の前に、白塗りのリムジンがとまる。現れた男が持ちかけてきた話は驚くべきものだった。「右腕を一本200万ドルで売らないか?」再生医療の権威マーシャル博士が縫合実験用の四肢を求めているというのだ。巨額の誘いに目がくらみ研究所に赴いたマイケルを待ち受ける未曾有の恐怖とは。先読み不能、問答無用の傑作ホラー登場!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • GAKU さん

    再生医療の天才博士マーシャルから、「右腕1本を200万ドルで売らないか?」ともちかけられたホームレスのマイケル。巨額の誘いにマイケルは研究所に赴く。売って欲しい理由を知り、最初は感動物のSFか?と思った私が浅はかでした。読み進めるうちにどんどん、しょうもない方向に物語は進んで行きます。そしてジクソーマンのタイトルってこういう事だったのね!と分かった頃には、ジクソーマンを応援していました。グロくて、バカバカしくて、あの誰もが知っている古典的ホラーの現代版?こんな作品を翻訳して、出版した扶桑社はエライ!⇒

  • goro さん

    バットマン、スーパーマン、アイアンマンにキン肉マン。マンにも色々あるけれどこれはジグソーマン。右腕を2億円で買いたいとの申し出に同意したマイケル。妻子を事故で亡くし人生が転落してしまった今、2億円のためならと赴いたマーシャル博士の個人病院は・・・。スプラッター?ホラー?痛いの嫌いな方にはお勧めできません(^^;

  • siva さん

    200万ドルで腕を売る契約をした男が巻き込まれる出来事とは・・ トンデモホラーというかサスペンス。なかなか面白かったけどグロ系苦手な人はダメでしょう。そしてストーリーは最初に戻る。

  • あ〜や★ さん

    「200万ドルで腕を1本売らないか?」マイケル(主人公)は自殺しようとしていたくらいですから売ると思いましたっていうか、売らないと物語がすすみません(笑)私はピアノが弾けなくなると困りますから、どんなにお金を積まれても売りませんけど・・・。足ならいいか・・・嘘です!この小説、分類的にホラーに入るのかもしれませんが、残酷なわりに平気で読めたのはマイケルが最後まで諦めない強い心を持っていたからでしょう。もしかしたら、「ジグソーマン2」があるかもしれない終わりかたでした。

  • 井戸端アンジェリか さん

    読んではいけないモノに手を出した、って感じ。昔々のその昔、ある孤島の漁師さんが腕は同じ側に2本あった方が作業に便利だからと偉い博士にカスタマイズして貰う、って漫画を見てチビった記憶が蘇りました。 約2億でしょ、悩むよね〜私の大切な右腕で今からそれだけ稼げるか、多分無理だわ〜と軽く夢想した最初の頃と、ブリーダーを知るまではええ話やないかーいと感動のフィナーレ予想でゾワゾワした心持をどうしてくれる。あ゛ー、この先ちょっとやそっとの話じゃウゲェー出来なくなったこの気分もどうしてくれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品