ゴッホの地図帖 ヨーロッパをめぐる旅

ゴッホ美術館

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062201964
ISBN 10 : 4062201968
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
追加情報
:
180p;25

内容詳細

ゴッホ美術館公認。膨大な作品と資料で旅人・ゴッホの37年を追体験!

目次 : ゴッホのヨーロッパをめぐる旅/ ズンデルト 1853‐1869/ ゼーフェンベルヘン 1864‐1866/ ティルブルフ 1866‐1868/ ハーグ 1869‐1873/ ロンドン 1873‐1875/ パリ 1875‐1876/ ラムズゲイト&アイルワース 1876/ ドルトレヒト 1877/ アムステルダム 1877‐1878〔ほか〕

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • れみ さん

    オランダ・イギリス・フランスの各地を転々とした画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。その足跡をたどる本。ゴッホが訪れた土地について、地図や写真や様々な資料とともに紹介していて、とても読み応えのある内容。それに、目次とか各章の見出し、資料などの紹介の仕方などが洒落ている部分がたくさんあってとても素敵で、ずっと眺めていられる。原田マハさんの「たゆたえども沈まず」を読んだこともあって、弟・テオとの関係や兄弟の死後のヨー(テオの妻)の熱意にどうしても興味を惹かれる。

  • あき さん

    ★★★★ ゴッホの生涯の旅路を追える本。家族との関係、何を考え、どこに住んでいたのか。一生をかけてずっと追い求めるものがあり、旅を続けていたんだなと思いました。住む土地やそのとき出会った人やもの、信念で絵が変わっていくのがわかります。ボロボロになりながらも、自らの追い求める理想のために身を削って作品を生み出し、そして恵まれぬ恋や理想と現実とのギャップに苦しみながらも懸命に生きていたことが伝わってきました。旅がどう影響し、何を思って旅をしていたのかを知ることができるとても満足できる本でした。

  • ソラ さん

    ゴッホという一人の人間の、強い意志と人生への渇望は、浅い知識しかない自分にとっても惹かれるものであり、彼が描いた風景の素晴らしさを語る術を持たなくとも、ただ眺めていたいという気持ちがこみ上げてくる。そこに、彼の悲喜があるのを、本誌での旅の形としてとして、多少なりとも読み解けてくる気がする。少年から青年へ、神への祈りと叶わない願い。家族を愛し、人を求め、流れた果ての悲劇。ゴッホが求めたものは、絵筆に載せて描ききる事が出来たのだろうか。写真が映し出す景色は、彼の願いの一端を伝えてくれるように思えてくる

  • とよぽん さん

    名画と言われる作品が、自信と才能あふれる画家の手で次から次へと制作されるものでは、決してない。ということがよく分かる良書だ。ゴッホの自画像が、国語の教科書に出ている。絵画の鑑賞文を書く学習のページに。でも、この本を読んだら全く違う鑑賞文が書けると思う。ゴッホは、弟のテオに物心両面から支えてもらって、苦しみの多い短い生涯を自ら閉じた。作品も、ほとんどが死後に認められ賞賛されるようになった。そんなことを丁寧にたどったこのような本は貴重だと思う。他の画家の本は出てないのだろうか。

  • Takeya さん

    ゴッホの生活史をゴッホ美術館の豊富な資料を使って、ビジュアル化!トランク1つ、気ままな画家の人生が目の前に甦る!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品