この商品の関連特集

Blu-ray Disc

ゴッドファーザー PART I <デジタル・リストア版>

ゴッドファーザー

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PJXF1244
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc

内容詳細

最高級のクオリティを極めた、完全デジタルリストア ゴッドファーザー

<ブルーレイ仕様>
製作年・製作国  1972 アメリカ
収録時間  177分
DVDレイヤー  片面2層1枚組
カラー  カラー
パッケージサイズ  BD用トール
画面サイズ  ビスタ・サイズ
画面アスペクト  16:9
リージョン  リージョンA
商品仕様(字幕)  1:英 2:日
音声  1: 英 5.1ch Dolby TrueHD 2: イタリア 5.1ch Dolby TrueHD 3: 日 5.1ch Dolby Digital 4: 日 モノラル

※仕様等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督・脚本:フランシス・フォード・コッポラ
製作:アルバート・S・ラディ
原作・脚本:マリオ・プーゾ
撮影監督:ゴードン・ウィリス
音楽:ニーノ・ロータ
リストア:ロバート・A・ハリス
●字幕翻訳:菊地浩司
●吹替翻訳:佐藤一公
●吹替演出:伊達康将

<キャスト>
ドン・ビト・コルレオーネ…マーロン・ブランド(麦人)
マイケル・コルレオーネ…アル・パチーノ(山路和弘/森川智之※)
ソニー・コルレオーネ…ジェームズ・カーン(谷口 節)
クレメンザ…リチャード・カステラーノ(辻 親八/後藤哲夫※)
トム・ヘイゲン…ロバート・デュバル(田原アルノ)
マクラスキー…スターリング・ヘイドン(糸 博/仲野 裕※)
ジャック・ウォルツ…ジョン・マーリー(水野龍司)
ドン・バルジーニ…リチャード・コンテ(糸 博/仲野 裕※)
ケイ…ダイアン・キートン(山像かおり)
※新録

<ストーリー>
1947年。
マフィアのドン、ビト・コルレオーネの屋敷内で末娘コニーの結婚式が行われた。コルレオーネ家の一族、「ファミリー」と呼ばれるマフィア組織の面々ら総勢数百人が会す壮大な挙式だった。邸内の、ブラインドが下された書斎で、タキシード姿の右胸に血のような真っ赤な薔薇をさしたビトが、訪ねてきた友人の嘆願に耳を傾けていた。自分をすがってくる者には愛と権力、知力で十分に報いた。それがドン、〈ゴッドファーザー(名付親)〉としての義務、尊厳であった。
対立するブルーノ・タッタリアの息のかかった麻薬の売人ソロッツォが取引の話を持ちかけてきた。ビトは丁重に断ったが、長男ソニーが興味を示した。ソロッツォは、ビトが必ず邪魔してくると考え、彼の暗殺を企てる。
ある日、二男フレドを伴ってオリーブオイル会社から出てきたビトが襲撃された。全身に何発も銃弾を浴びた。崩れ落ちるようにして倒れた。ソロッツォ一味の仕業だった。病院に担ぎ込まれ、幸い一命は取りとめた。ビトへの襲撃はコルレオーネ・ファミリーに対する宣戦布告を意味をしていた。ソロッツォの背後に控えるタッタリア・ファミリーと、ニューヨークを縄張りとするマフィア組織が不気味な動きを見せ始める。
第2次大戦から復員した三男マイケルは、父親の暗殺未遂に強い憤りと怒りを憶え、すぐに病院へ駆けつけた。そこで偶然にも、ソロッツォ一味による二度目の襲撃に遭遇。間一髪、父親を救うのだった。やがて、マイケルは恋人ケイの願いを振り切り、マフィア社会に身を投じていくのだった……。

劇場公開:1972年7月15日

TM & Copyright © 1972 by Paramount Pictures. All Rights Reserved. Restoration Copyright © 2007 by Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. TM, ® & Copyright © 2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らしい原作を元に制作された素晴らしい...

投稿日:2012/10/06 (土)

素晴らしい原作を元に制作された素晴らしい映画。読んで良し、観て良しなので、特に語る言葉はない。強いていえば、最後のドアが閉ざされるシーンにいろいろな意味が含まれており、たいへん印象的。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
中学のころに初めて見て大変な衝撃と感動を...

投稿日:2012/01/08 (日)

中学のころに初めて見て大変な衝撃と感動を覚えた私にとっての最高傑作の映画です。この作品のすばらしい所は、単なるマフィア映画ではなく家族愛、親子愛、兄弟愛、また、トップになったマイケル(アルパチーノ)のマフィアの掟を守らなければならない苦悩・苦渋の決断(親(マーロンブランド)の生き方に否定的だったマイケルのはずなのに)。パート2でも言えますが、家族を守るために一生懸命やってきたつもりなのにそれとは逆に家族の心が離れていくマイケルの苦悩。これ以上の映画はもう出ないんじゃないか。いまでも良く見てます。みなさんもぜひ見てください。いろいろと考えさえてくれる感動の映画です。

ヒロシです さん | 石川県 | 不明

0

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品