Blu-ray Disc

ゴジラ ファイナル ウォーズ <東宝Blu-ray名作セレクション>

ゴジラ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TBR29107D
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
監督
:

内容詳細

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」公開記念!旧作29タイトルが <東宝Blu-ray名作セレクション> で登場!初廉価化!!

<Blu-ray仕様>
2004年日本
1枚組
2層(BD50G)
シネスコサイズ
音声:
1. 字幕版6.1ch ドルビーTrueHD
2. 吹替版6.1ch ドルビーTrueHD
3. オーディオ・コメンタリー(ドルビーデジタル)
字幕:1.日本語字幕 2.日本語吹替用字幕

<特典>
【映像特典】
●劇場予告(HD画質) ●特報(HDブローアップ) ●TVスポット* ●プロモーション映像* ●劇場マナー告知* ●メイキング* ●北村龍平監督ロングインタビュー* ●カイル・クーパー インタビュー* ●テレビ討論会ロングバージョン* ●VFXワーク・ショップ ラドンN.Y.飛来*(以上SD画質) ●オーディオ・コメンタリー(北村龍平監督・浅田英一特殊技術)* *印は、DVD収録のものと同一です。

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<ストーリー>
たび重なる戦争と核実験。発達しすぎた科学は地球の環境を歪め、眠っていた多くの怪獣を呼び覚ました。人類はお互いを敵とする時代を終え、怪獣の脅威と戦う時代へと突入した。
地球防衛軍の誕生である。
一方、数年前より世界各地で特殊能力を持った超人類=ミュータントが確認されるようになった。
地球防衛軍では、対怪獣用戦力としてミュータントを集め、特殊部隊を組織した。その部隊をM機関という。
20XX年、北海道沖から謎の巨大怪獣のミイラが引き上げられた。
M機関のミュータント兵である尾崎真一(松岡昌宏)は、その調査のために国連から派遣された科学者音無美雪(菊川怜)に同行してミイラの謎を調査する。ちょうどその頃、ニューヨーク、パリ、上海、シドニー・・・・・・世界各地に、怪獣たちが出現する!

地球防衛軍は全戦力を投入するも、あまりの怪獣の数に防戦一方となる。世界各地がパニックとなる中、国連事務総長の醍醐奈直太郎(宝田明)を乗せた専用機が行方不明となった。地球の防衛軍本部は、必死に作戦指揮を取るが、怪獣たちを倒すことができない。
怪獣来襲の現場に駆けつけた尾崎は、ミュータント兵の風間(ケイン・コスギ)たちとともに超人的身体能力を駆使して闘いに挑む。
世界中で激しい戦闘が続く中、突如、巨大な円盤が上空に現れ、怪獣たちを光線で消滅させた。そして、地球防衛軍本部のある日本に集結した円盤の中から、行方不明となっていた、醍醐事務総長が降り立ち、X星人と名乗る異性人(北村一輝)たちと地球人との友好関係を提案する。世界各地首脳たちはX星人と手を結ぶ決断をした。

しかしX星人たちの行動に疑問を抱いた尾崎と美雪は、美雪の姉で報道キャスターである杏奈(水野真紀)とともに彼らの素性を調べ始め、驚くべき事実に気がつく。
そして、海底軍艦・轟天号の荒くれ艦長ダグラス・ゴードン(ドン・フライ)に助けを求めた。
轟天号に乗り込んだ尾崎たちのファイナルウォーズが、今、始まる!!

その頃、ゴジラは、南極の氷の中で静かに眠り続けていた・・・・・・。

劇場公開:2004年12月4日

発売元:東宝
©2004 TOHO CO.,LTD.

ゴジラ生誕50周年にしてファイナルとなったシリーズ第28作。21世紀を迎えてまもなく、宇宙からX星人が飛来。彼らは地球との友好を提案し、怪獣たちを地上から消滅させたのだが……。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
4
★
★
★
★
★
X星人が登場するのは、以前、私が小さい時...

投稿日:2015/02/03 (火)

X星人が登場するのは、以前、私が小さい時に見た「怪獣大戦争」でした。ゴジラとラドンと、それに、キングギドラまで操って地球を征服しようとした、X星人。以前は、何かもっと活躍してもいいのではないかと思っていました。「怪獣大戦争」の第2弾でしょう。そう見ていくとすべてが生きて見えて来る様な感じがします。それにX星人が最後に言った言葉。X星人のあの統制官ですか。「我々は、脱出する。まだ見ぬ未来に向かってな。」この言葉が、何か、不思議に重みを持って今まできていました。それで、この「ファイナルウォーズ」監督というより、日本映画界が約束を守ってくれたような感じがしました。それに、最初にX星に行った、宝田明と、X星人なのに、人間に恋をしてしまう、水野久美が出ていました。モスラの小美人。などなど。私の記憶をかき回すような描き方は、好感が持てました。惜しむらくはこれが、ファイナル。ゴジラリーターンズの様に、復活させていただきたいです。大魔神も今年ですか。何か復活の予兆があるような。

desu1223 さん | 岐阜県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
怪獣ファンは思い入れがハンパでは無いので...

投稿日:2013/05/01 (水)

怪獣ファンは思い入れがハンパでは無いので賛否両論だろうね 個人的には怪獣映画には不要なスピード感が映画を軽くしている印象 平成の時代なら仕方無いか...怪獣総進撃が100倍好き

KENJI さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
なに言ってんですか。最高です。北村一輝、...

投稿日:2012/11/09 (金)

なに言ってんですか。最高です。北村一輝、ドン・フライ、宝田 明、泉谷、 いいかんじです。そして船木。休みの日には一回は見ます。「ん〜これどっかでみたことあるなあ」満載。 みどころは、ガーイガーン起動

赤い竹 さん | 東京都 | 不明

1

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド