コープランド(1900-1990)

人物・団体ページへ

CD

交響曲第3番、クラリネット協奏曲、他 アーロン・コープランド&ベルリン・フィル、カール・ライスター(1970年ステレオ・ライヴ)(日本語解説付)

コープランド(1900-1990)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC6077
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


ベニー・グッドマンのために書かれた「クラリネット協奏曲」
作曲者自身がベルリン・フィルを指揮、カール・ライスターが名人芸を披露して圧巻!
クラリネット協奏曲&交響曲第3番(1970年 ステレオ・ライヴ)


英テスタメント・レーベルのCDは、解説書に力が入っていることでも定評があり、ヒストリカル・クラシック音楽の持つ歴史の面白さを際立たせることにもなっているので、日本語訳が付された国内盤の価値には大きなものがあります。

シリーズ概要
★歴史的録音の復刻で有名なイギリスの名門レーベル、テスタメント。1990年にスチュアート・ブラウン氏により設立され、正規音源にもとづく、高品質の音質でファンから絶大な支持を集めてきました。ここ数年日本への窓口が途絶えていましたが、このほど国内販売権をキングインターナショナルが獲得。400に近いタイトルのなかから、歴史的名盤はもとより最近話題の新盤までえりすぐって、全20タイトル、国内仕様にして発売します。
★日本語解説=オリジナル・ライナーノーツの和訳+ 曲目解説+ 歌詞対訳(声楽曲のみ)

このアルバムについて
★アメリカ作曲界の“長老” アーロン・コープランドが、1970年秋にベルリン・フィルを指揮したコンサートは、センセーションを巻き起こしました。なかでも注目すべきは首席奏者カール・ライスターの至芸が示されているクラリネット協奏曲。コープランド自身が作曲したこの曲は、ベニー・グッドマンの依頼で書かれた協奏曲で、2つの楽章をつなぐブリッジ部分のカデンツァにはクラリネットのソロに高い技術が要求されています。オーケストラとクラリネットの対話、そしてコープランドならではのジャズ的イディオムも難なくこなすベルリン・フィルの実力もさすが。コープランド自身の指揮という意味でも、貴重な録音です。
★交響曲第3番は1944〜46年、クーセヴィツキーとボストン響のために書かれたコープランド最後の交響曲で、「ある種の抽象的なアメリカ風物録」(ジョン・ヘンケン)。4楽章からなり、40分を超える大作です。作曲者自身の指揮によるこの演奏では雄大なアメリカへの自信と憧憬が混じり合っています。プロコフィエフの影響を受けたという第2楽章では打楽器・管楽器が怒涛の進撃ぶりで、録音の良さもあいまって、オケの妙技を堪能できます。このほか、アメリカの行事に因んだ2曲。カーターの『祭日序曲』は娯楽感いっぱいに演奏されます。アイヴズの『戦没将兵記念日』は葬送ラッパの追悼の響きが胸を打って感動的です。
★オリジナル・ライナーノーツは貴重な読み物で、訳付解説書が理解を深めてくれます。音もアナログ充実期のステレオ録音で、申し分ありません。


【収録情報】
1. カーター:祭日序曲 (1944, rev. 1961)
2. アイヴズ:戦没将兵記念日 (1912)
3. コープランド:クラリネット協奏曲 (1947-48)
4. コープランド:交響曲第3番 (1944-46)


カール・ライスター(クラリネット:3)
フリッツ・ヘルミス(ハープ:3)
ホルスト・ゲーベル(ピアノ:3)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アーロン・コープランド(指揮)

録音時期:1970年9月30日
録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
録音方式:ステレオ(ライヴ)
輸入盤・日本語帯・解説付


【年表】



【商品説明:年表シリーズ】
指揮
アルヘンタ
オッテルロー
ガウク
カラヤン
クイケン
クーセヴィツキー
クチャル
クラウス
クレツキ
クレンペラー
ゴロワノフ
サヴァリッシュ
シューリヒト
ターリヒ
チェリビダッケ
ドラティ
バーンスタイン
パレー
フェネル
フルトヴェングラー
メルツェンドルファー
モントゥー
ライトナー
ラインスドルフ
ロスバウト

鍵盤楽器
ヴァレンティ
カークパトリック
カサドシュ
グリンベルク
シュナーベル
タマルキナ
タリアフェロ
デムス
ナイ
ニコラーエワ
ハスキル
ユージナ
ランドフスカ

弦楽器
カサド
グリラー弦楽四重奏団
シュナイダー四重奏団
パスカル弦楽四重奏団
ハリウッド弦楽四重奏団
ブダペスト弦楽四重奏団
フランチェスカッティ
ヤニグロ
リッチ
伝説のフランス弦楽四重奏団

作曲家
アンダーソン
ヘンツェ
坂本龍一

シリーズ
●テスタメント国内盤

内容詳細

ベルリン・フィルを従えたコープランドが、自身が手掛けたクラリネット協奏曲、交響曲第3番を指揮も務めて演奏(1970年録音)。クラリネット奏者のカール・ライスターが名人芸を披露している。また、カーターとアイヴズによる作品も収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 祭日序曲
  • 02. 戦没将兵記念日
  • 03. クラリネット協奏曲
  • 04. 交響曲第3番

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

コープランド(1900-1990)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品