コープランド(1900-1990)

人物・団体ページへ

Blu-spec CD 2

アパラチアの春、リンカーンの肖像(朗読:石丸幹二)、エル・サロン・メヒコ、他 アーロン・コープランド&ロンドン交響楽団、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

コープランド(1900-1990)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC30555
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明

コープランド:リンカーンの肖像 、アパラチアの春、他
アーロン・コープランド(指揮)、石丸幹二(朗読)


指揮者・ピアニストとしても活動し、ソニー・クラシカルに数多くの自作自演録音を残した20世紀のアメリカを代表する作曲家コープランド。「人民の人民による人民のための政治を、地上から消滅させないことを」と決意表明した有名なゲティスバーグの演説で締めくくる『リンカーンの肖像』は、アメリカでなければ生まれえなかった感動的な音楽といえます。
 今回の日本語版では俳優・石丸幹二が朗読を行っており、格調高い語りがこの作品の価値をさらに高めています。
 カップリングには代表作『アパラチアの春』『エル・サロン・メヒコ』『ロデオ』などコープランドの主要管弦楽の自作自演をたっぷりと収録、コープランド入門アルバムとしても最適です。(メーカー資料より)

【収録情報】
コープランド:
1. 市民のためのファンファーレ
2. リンカーンの肖像
3. 組曲『アパラチアの春』
4. エル・サロン・メヒコ
5. 『ロデオ』より4つのダンス・エピソード



 ロンドン交響楽団(1,2,4,5)
 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(3)
 アーロン・コープランド(指揮)

 録音時期:1968年10月(1)、1968年10月&1971年6月(2)、1970年11月(3)、1970年5月(4)、1968年10月(5)
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

● 日本語朗読(2)
 語り:石丸幹二
 翻訳:広田敦郎

内容詳細

コープランドの自作自演集。ロック・ファンにもおなじみの「市民のためのファンファーレ」や代表作「アパラチアの春」に加え、ゲティスバーグの演説が感動的に使われている「リンカーンの肖像」が収録されている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

コープランド(1900-1990)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品