CD 輸入盤

ソナタ集(リコーダー編曲版) テミング、ワッツ

コレッリ(1653-1713)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OC598
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

コレッリのこれらのソナタ集は、もともとヴァイオリンのためのソナタ集であり、「ウィリアム・バベル」「ミシェル・ブラヴェ」「ピエトロ・カストゥルッチ」「マシュー・デュボーグ」「タルティーニ」「ジェミニアーニ」「ヴェラチーニ」「マンチェスター出版」らの装飾法によった50以上の出版譜によって現代まで伝えられています。ブリュッヘンなど様々なリコーダー奏者がレパートリーを増やすために、当時のこれらの重要な装飾法による楽譜が残されているのにもかかわらず、独自に編曲し演奏・録音されていました。
 ここでは、テミングがそれらの重要な貴重な装飾法を守りつつ、当時のもっともすばらしい装飾法の楽譜を選出し、リコーダーで演奏した世界初録音となります。リコーダーの特性を十分生かすために、あえて通奏低音はチェンバロのみで演奏。
 シュテファン・テミングは1987年ケープタウン生まれ。ミュンヘンとフランクフルト大学でミヒャエル・シュナイダーにリコーダーを学び、様々な音楽コンクールで優勝した後、リコーダー・アンサンブル、古楽アンサンブルに参加。様々な現代音楽作曲家も彼のために曲を書いています。すでに彼の演奏は「既に巨匠の域」と絶賛されています。(BMG)
 
コレッリ:ソナタ集 Op.5-7〜12(18世紀の作曲家の装飾法によるリコーダー編曲版)

・SONATA NO. 11 IN E MAJOR
 Preludio: Adagio (Manchester Manuscript) / Allegro (Dubourg) / Adagio (Veracini) / Vivace (Dubourg) / Gavotta: Allegro (Dubourg)
・SONATA NO. 7 IN G MINOR (originally in D minor)
 Preludio: Vivace / Corrente: Allegro / Sarabanda: Largo (Tartini) / Giga: Allegro
・SONATA NO. 8 IN E MINOR
 Preludio: Largo (Manchester Manuscript) / Allemanda: Allegro (Manchester Manuscript) / Sarabanda: Largo (Manchester Manuscript) / Giga: Allegro (Babell)
・SONATA NO. 10 IN C MAJOR (originally in F major)
 Preludio: Adagio / Allemanda: Allegro (Babell) / Sarabanda: Largo (Babell) / Giga: Allegro (Babell) / Gavotta: Allegro (Blavet)
・SONATA NO. 9 IN A MAJOR
 Preludio: Largo (Manchester Manuscript) / Giga: Allegro (Geminiani/Babell) / Adagio / Tempo di Gavotta: Allegro (Geminiani)
・SONATA NO. 12 “FOLLIA” IN G MINOR (originally in D minor, based on the Veracini version)
 シュテファン・テミング(リコーダー)
 オルガ・ワッツ(チェンバロ)

 録音:2007年9月、チューリヒ、ノイミュンスター教会(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

コレッリ(1653-1713)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品