SACD 輸入盤

交響曲、シュトラウシアーナ、主題と変奏 ジョン・ウィルソン&シンフォニア・オブ・ロンドン

コルンゴルト (1897-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHSA5220
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ジョン・ウィルソン新シリーズ! コルンゴルトの交響曲嬰へ調

指揮者、編曲家、そしてライト・ミュージックやアメリカ音楽のスペシャリストとして活躍し、「Chandos」ではリチャード・ロドニー・ベネット、そしてアーロン・コープランドの管弦楽作品集で圧倒的な評価を築いてきたジョン・ウィルソンが新たに着手するのは、エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトの管弦楽作品集!
 オーストリ=ハンガリー帝国のブリュン(現在のチェコ)に生まれ、オーストリアとアメリカで活躍し、映画音楽の作曲家としても知られるコルンゴルト。「フランクリン・デラノ・ルーズベルトの追憶に」と書かれた彼の唯一の交響曲である『交響曲嬰へ調』、アメリカ・スクール・オーケストラ協会からの委嘱により作曲した『主題と変奏』と『シュトラウシアーナ』。
 シンフォニア・オブ・ロンドンは、映画音楽やレコーディング・セッションのための専門的なオーケストラとして1955年に設立され、これまで300以上の映画や多数のレコーディングにその名がクレジットされています。2018年にジョン・ウィルソンがシンフォニア・オブ・ロンドンを再結成し、このコルンゴルト・アルバムで再始動を果たしました。今後も更なるレコーディングが予定されています。(photo by Sim Canetty-Clarke)(輸入元情報)

【収録情報】
コルンゴルト:
● 交響曲嬰ヘ調 Op.40
● 主題と変奏 Op.42(スクール・オーケストラのための)
● シュトラウシアーナ(ヨハン・シュトラウスの音楽による)


 シンフォニア・オブ・ロンドン
 ジョン・ウィルソン(指揮)

 録音時期:2019年1月14-16日
 録音場所:ロンドン、キルバ―ン、セント・オーガスティン教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

コルンゴルト (1897-1957)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品