CD 輸入盤

ピアノ三重奏曲、弦楽六重奏曲 スペクトラム・コンサーツ・ベルリン

コルンゴルト (1897-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8574008
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

コルンゴルト:ピアノ三重奏曲、弦楽六重奏曲

「モーツァルトの再来」と呼ばれたコルンゴルト。9歳でカンタータを作曲、11歳の時に書いたバレエ音楽『雪だるま』がウィーン宮廷歌劇場で皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の臨席のもと初演され、大好評を博したほどの神童でした。
 このアルバムに収録された2曲の室内楽作品は、いずれも10代のコルンゴルトによって書かれたもの。ピアノ三重奏曲は初の作品番号が付された彼にとっての自信作。12歳の作品にもかかわらず、後のコルンゴルトを思わせる妖艶な旋律に満ちており、作風が早いうちから完成されていたことを感じさせます。その6年後に完成した弦楽六重奏曲は更に洗練された書法による雄大な曲。ブラームスの弦楽六重奏曲の様式を更に発展させた緻密な対位法が随所に用いられています。名手たちが集うスペクトラム・コンサーツ・ベルリンの演奏で。(輸入元情報)

【収録情報】
コルンゴルト:
1. ピアノ三重奏曲ニ長調 Op.1 (1909-1910)
2. 弦楽六重奏曲ニ長調 Op.10 (1914-1916)


 スペクトラム・コンサーツ・ベルリン
  ボリス・ブロフツィン(ヴァイオリン)
  クララ=ジュミ・カン(ヴァイオリン:2)
  ギャレス・ルベ(ヴィオラ:2)
  ユラ・リー(ヴィオラ:2)
  イェンス・ペーター・マインツ(チェロ)
  トルレイフ・テデーン(チェロ:2)
  エルダー・ネボルシン(ピアノ:1)
  フランク・S・ドッジ(芸術監督)

 録音時期:2019年5月1,2日(2)、11月27,28日(1)
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

コルンゴルト (1897-1957)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品