コルネイ・イヴァーノヴィチ・チュコフスキ

人物・団体ページへ

ごきぶり大王 コルネイ・チュコフスキーの絵本

コルネイ・イヴァーノヴィチ・チュコフスキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784033481104
ISBN 10 : 4033481109
フォーマット
出版社
発行年月
2008年11月
日本
追加情報
:
29cm,27p

内容詳細

クマの親子、ネコやイヌ、オオカミなど、みんな楽しくやっていたところへ、突然、茶色いヒゲの怪物、ごきぶり王が現れた…。小さなごきぶりに恐れおののく動物たちを、リズムある散文で語るユーモアあふれる絵本。

【著者紹介】
コルネイ・I.チュコフスキー : 1882〜1969。貧しい家庭に生まれながら幼いころから内外の文学に親しみ、19世紀ロシアの詩人ネクラーソフの研究によってレーニン賞(1962年)や、オックスフォード大名誉博士号を贈られるほどの文学研究家・評論家となった。アメリカの詩人ホイットマンや、イギリスのノーベル賞作家キップリングの作品、『ロビンソン・クルーソー』『トム・ソーヤーの冒険』など多くの作品を訳した翻訳家でもあり、翻訳論に関する著作も多い

スヴィトザール・A・オストローフ : 1941年生まれ。ロシアの児童文学など、200冊以上の挿絵を描いている実力派の挿絵画家。全ソ挿絵画家展で、1位、2位を数回獲得している

田中潔 : 1962年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • pino さん

    大威張りのごきぶりと、縮みあがる動物たちの様子が面白い。最後は、なるほどのオチ。勿体ないので、今度は逆さまから捲ってみる。絵だけを追っていくと、あらためて、ごきぶりのカリスマ性が、わかる。せっかくなので、図書館への返却日まで、この楽しみ方を繰り返してみよう。最終日には、祇園精舎の鐘の声が聞こえてくるだろう。

  • 紫 綺 さん

    ゆめわかばさんのコメを見て、強烈な表紙に圧倒されて図書館予約。社会風刺の盛んなロシアの児童文学の一作。強烈なインパクトで始まり、あっけない結末で幕切れ。現在の中東の現実を見るようで、考えさせられる。

  • けんちゃん さん

    読友さんのご紹介本。たくさんのコメントに触発され、読む前から読んだ気になってしまっていましたが、実際に読んでみると、そのインパクトの強さに驚きます。いや〜ごきぶりがねぇ…なんともシニカルなお話ですが、リズミカルな文章で、さらさら読めました。「パクリとひとのみ」の脅しのフレーズ、そしてそれに続く話の流れ、ロシアの物語には多いような気がします。何か伏線があるのかなぁ。

  • Nak34 さん

    今日は、感想なし。被災された皆様、その復興に携わる皆様、頑張りましょう。東京駅から大崎駅まで、徒歩で2時間半でした。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    図書館本。リズム感のある言葉、迫力のある絵、ラストの驚きと楽しい絵本です。ただ…住んでいる北海道にはごきぶりが居ないので、小さい子にはなぜこうも怖がるのかを説明しないと分からないかな? 『小学校での読み聞かせガイドブック プランニング遊』で、朝読書のプログラムが参考になったので、記録しておきます。予備本

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品