ヴァイキングに愛を誓って 扶桑社ロマンス

コニー メイスン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594068660
ISBN 10 : 4594068669
フォーマット
出版社
発行年月
2013年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
439p;16

内容詳細

ヴァイキングの首領ソーンは勇猛果敢な戦士として広くその名を知られていた。その彼がある日、何かに導かれるようにマン島に立ち寄った。そこでソーンは月の光が降り注ぐ下で水浴びをする娘を目にし、一目で彼女の虜になってしまう。娘の名はフィオナ。島民からは癒やし人と呼ばれている医術を操る美しい娘。それからのソーンはフィオナが忘れられない日々が続いた。まるで魔女にとりつかれたかのように。たまらずソーンは再び島に上陸し、フィオナを拉致して自らのものにしてしまうが…。

【著者紹介】
コニー メイスン : 歴史ロマンス小説を50作以上発表し、いずれもベストセラーとなる。冒険と官能に彩られた作風で、多くのファンを獲得し、歴史ロマンスの大家的存在。1990年、ロマンティック・タイムズ・アワードのベスト・ストーリー・テラー賞、1994年、同西部劇部門栄誉賞を受賞。夫とともにフロリダに在住

藤沢ゆき : 東京都出身。翻訳家。早稲田大学第二文学部卒業。オハイオ州立大学大学院で教育学を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZU@ 《フィフティシェイズ・フォーエバー》 さん

    残虐なシーン、野蛮なシーン、卑劣なシーン、このコニー作品を最初に読んでいたら、こんなにコニー・メイスンに夢中になってただろうかと思いつつ詠んでた。でも、後半、ウルウルしたり、温かい気持ちにさせてくれるシーンがあって、やっぱり私はコニー作品が好きだわ(☆∀☆)

  • イヴ  LH&NR祭り中 さん

    ヴァイキングのソーンがマン島を訪れ水浴びをするフィオナに一目ボレ、(魔女だー)(呪いだー)って本当にこのヒーロ、マジでむかついた。なぜかって、フィオナが気の毒だった。信じてもらえず妊娠までしたのに、しかも流産、、この時は泣いてしまったよ。ソーン、あんた!!何なの(怒)改心しても遅いわ!と、、まぁでもこのヒロインが良い子でね。癒しの力をもつフェイス。負傷者を助けてあげるし、ソーンの無事を祈っていたしね。まぁラストは呪いかけてたけど、、やっぱりコニー節にやられた。読んでいて感情がかなり揺さぶられた。コニー中毒

  • Miyuki_fsog さん

    ヒロインを愛している事も分からずに 呪いに掛けられたと ヒロインを殺しにやって来たヒーロー。結局殺すことも出来ず 奴隷として連れ帰る‼←ムカつくったらなかった(*`Д´)ノ!!! かなりの回り道だったけど 『愛』することを知ったヒーローは優しくて 荒ぶれたヴァイキングではなく 魅了的なヒーローに…サクサクと一気読み( v^-゜)♪

  • すっちゃん さん

    ⭐️⭐️⭐️ ヴァイキングと魔女と予知を絡ませて、C・メイスンらしい怒涛の展開で、感情移入する間もなくお話が進んで行く。前半醜い場面もあり、読み進めるのに時間がかかったが、後半悪役もやっつけスッキリ。表紙の女性の紫の瞳が雰囲気ある。

  • ちゃろ さん

    ★★★☆☆ヴァイキングのヒーローが一目で心を奪われた癒し人フィオナ。ヒーローはフィオナが忘れられないのは呪いをかけられたからだと信じて、フィオナを倒しに行く。なんとまあ、鈍いヒーローなんでしょうか。それでも根が優しいからヒロイン喜ぶ事を無意識にしてしまう可愛い奴です。この時代は原始的な欲求だけで生きているようである意味羨ましい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

コニー メイスン

歴史ロマンス小説を50作以上発表し、いずれもベストセラーとなる。冒険と官能に彩られた作風で、多くのファンを獲得し、歴史ロマンスの大家的存在。1990年、ロマンティック・タイムズ・アワードのベスト・ストーリー・テラー賞、1994年、同西部劇部門栄誉賞を受賞。夫とともにフロリダに在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品